自宅にいる時間が多く、太ってしまったという人も多いと思います。スタイリストの筆者が、上半身の着やせが叶う着こなし方法をご紹介します。

■適度に首元が開いたトップスで、顔まわりスッキリ

適度に首元が開いたトップスで顔まわりスッキリ

「顔に肉がついてしまった」と気になる方は、首がつまり過ぎているトップスを着てしまうと顔の大きさを強調してしまう場合があるのでさけた方が無難です。

かといって、開きすぎているものもだらしなく見えてしまうのでNGです。適度な開きのボートネックデザインの襟が最もおすすめです。

Vネックは、鎖骨が見えるくらいの開きのものなら上品に着こなすことができます

Vネックは、鎖骨が見えるくらいの開きのものなら上品に着こなすことができます。

お手持ちのもので胸元が開きすぎているかもという場合は、スカーフやストールをゆるく結ぶなどして肌が見える部分の面積を調節してみてください。

■二の腕は、デザイン性のある袖でカバー

二の腕は、デザイン性のある袖でカバー

二の腕のお肉はその部分をおおってくれるようなデザイン性のあるタイプのトップスがおすすめです。

肩の落ちた袖の「ドロップショルダー」、腕を包み込むような「キャップスリーブ」など、どちらも今年のトレンドのトップスデザインなので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

Tシャツのようにカジュアルなものでも、袖にデザイン性があればラフすぎずに着ることができます

Tシャツのようにカジュアルなものでも、袖にデザイン性があればラフすぎずに着ることができます。

ワンピースも腕回りが気にならずに着こなせるものが増えています。

夏でも涼しく紫外線対策にもなる「リネンシャツ」など、なるべく腕回りに余裕のあるものをゆるく羽織ってみてください

二の腕を隠せるデザインのアイテムをお持ちでないという方は、羽織りでカモフラージュするという方法もあります。

夏でも涼しく紫外線対策にもなる「リネンシャツ」など、なるべく腕回りに余裕のあるものをゆるく羽織ってみてください。

■ぽっこりお腹は、腰骨丈でカモフラージュ

ぽっこりお腹は、腰骨丈でカモフラージュ

お腹が気になる方は、トップスをウエストインするハードルが高いと思います。

その場合、お腹がちょうど隠れる腰骨くらいの丈のトップスを選びましょう。ワイドなボトムスでもインせずに、バランス良くコーディネイトすることができます。

長め丈のトップスしかお持ちでない場合はぴったりインさせず、ゆるく引き出すようにするとある程度カモフラージュすることができるのでお試しください

長め丈のトップスしかお持ちでない場合はぴったりインさせず、ゆるく引き出すようにするとある程度カモフラージュすることができるのでお試しください。

上半身をカバーしてくれるようなアイテムはたくさん発売されています。そちらをチェックするのも良いですが、手持ちのアイテムで着こなし技を使ってカモフラージュすることもできます。ぜひ、とり入れてみてくださいね。

(スタイリスト/ライター 森田 文菜)

【関連記事】
・着ヤセのつもりが逆効果!やりがち「着デブ」ポイント3つ
・体が泳ぐサイズ感がカギ!薄着でも着痩せるコーデのポイント
・お腹お尻が即すっきり?さりげに体型カバーできる着こなし術
・40代体型がキレイに見える!大人女性の「Tシャツブランド」

【参考】
※オンワード