暑くなってくると食べたくなる冷たいもの。同じ食べるなら、「ああ、また食べてしまった……」と罪悪感を抱くより、「美容と健康に役立つ冷たいものを、美味しくいただきました!」と気持ちよく食べたいですよね。

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、身体にやさしく、簡単に手作りできるアイスクリームの材料と作り方をご紹介します。

■ギルトフリーなアイスクリームのベース3つ

(1)ヨーグルト

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

発酵食品の代表格であるヨーグルト。ヨーグルトには、乳酸菌などの有用菌が含まれています。ヨーグルトを使ったアリスクリームなら、食べて腸活に役立つアイスクリームとなります。

ヨーグルトをアイスクリームに使う場合には、そのまま冷やし固めてもいいのですが、水分の多いヨーグルトをそのまま固めると、氷のように固くなってしまいます。

ですから、水切りするか、ギリシャヨーグルトのような水分の少ないヨーグルトを使うのがおすすめです。

(2)ココナッツミルク

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

ココナッツミルクの脂肪分の主成分である中鎖脂肪酸は、一般的な脂肪酸の4倍の速さで吸収され、肝臓でケトン体に変換されて、身体のエネルギー源となります。

そのため、しっかりとした脂肪のうま味があるのに、食べても太りにくいアイスクリームを作ることができます。

(3)バナナ

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

バナナは、腸内細菌のエサとなる食物繊維が豊富です。また、ビタミン、ミネラルもバランスよく含まれています。

バナナだけで十分な甘さがあるため、甘味料なしでアイスクリームを作ることができるのも魅力です。

アイスクリームにするときは、フォークなどでトロトロになるまでつぶしてから、型に入れて固めましょう。

■ギルトフリーなアイスクリームの甘味料3つ

(1)メープルシロップ

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

メープルシロップには、60種類以上のポリフェノールが含まれています。紫外線やストレスによって過度に体内にうまれた活性酸素のダメージから身体を守ってくれる、アンチエイジングな甘味料です。

(2)アガベシロップ

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

アガベシロップは、甘味料としては珍しく水溶性食物繊維が含まれています。また、糖質も少なく血糖値が上がりにくい低GI食品ですから、ダイエットに◎。

(3)甘酒

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

麹を使った甘酒には、麹菌という有用菌が含まれています。また、飲む点滴とも呼ばれるほど栄養価の高いものですから、夏バテ予防にもなりますね。

■紙コップor製氷皿で簡単!作り方

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

(1)お好みの材料に、お好みの甘味料を混ぜて、アイスクリームの原液を作ります。フルーツやナッツ、ミントなどを加えてもいいですね。

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

(2)小さ目の紙コップ、もしくは製氷皿に、アイスクリームの原液を入れ、棒をさして冷やし固めれば、一口サイズのアイスクリームの出来上がり!

ギルトフリー!食べてきれいになるアイスクリーム簡単レシピ

ひとつひとつのサイズを小さくしておけば、食べすぎ予防にもなりますね。

暑い日は、ご紹介した美容と健康に役立つアイスクリームで、ひんやりスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

【関連記事】
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・ウエスト・お腹まわりのダイエットに◎な「玉ねぎの食べ方」2つ
・美腸は正しい生活リズムから!腸活のために守りたいこと3つ
・痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
※体脂肪になりにくい中鎖脂肪酸 – 日清オイリオ