おしゃれの天敵といえば、ひじ・ひざ・くるぶしといった部分の黒ずみです。うっかりお手入れを忘れてしまうと、すぐに見た目にあらわれてしまいますよね。なので、こまめなケアを心がけましょう。

ウエルネス&ビューティーライター・アロマコーディネーターの筆者が、毎日の習慣にしやすいシンプルな黒ずみケアをご紹介します。

■黒ずんでしまう理由

ひじ・ひざ・くるぶしの3か所が黒ずんでしまいやすいのには、理由があります。

この部位からは汗や皮脂が出ないため、保湿や油分の補給が足りなくなるとすぐに乾燥してしまいます。すると、ターンオーバーが遅れ角質が厚くなり、徐々に色素が沈着して黒ずんでしまうのです。

■「摩擦」によってさらに黒くなる!?

「摩擦」による刺激も黒ずみにつながります。ひじは机に、ひざは床につくなど、生活のなかで摩擦が起こりやすい部分です。

また、くるぶしは靴下をはくことで摩擦が起きやすく、正座の習慣があると摩擦と圧迫によって黒ずみを呼ぶ原因につながります。

■「角質ケア」は毎日少しずつ

黒ずみ対策として大事なことは「角質ケア」ですが、スペシャルケアとして一度にまとめて行うことはおすすめできません。スペシャルケアの場合、過剰に角質を落としてしまいがちになり、その刺激でダメージが起こりやすくなります。

また、オフし過ぎて肌に必要な分の角質まで落としてしまうと、ターンオーバーが早まって角質が厚くなってしまう場合もあります。

おすすめのケア方法

おすすめのケア方法は、毎日の入浴でやわらかくなった角質を、そっと指の腹やガーゼなどのやわらかい布でマッサージするように落とすことです。決して力は入れ過ぎないように、なでるくらいのタッチで十分です。

そして、お風呂上りにはボディローションなどで十分に保湿をしてください。

■「保湿スクラブ」のレシピ

上記のケアに加え、週に1〜2回ほど自然なターンオーバーを促すためのホームケアを行いましょう。

豊かな保湿効果と美白効果が期待できるエッセンシャルオイルを使った、黒ずみ対策用のスクラブレシピをご紹介します。

材料(1回分)

・天然塩 大さじ4

・アルガンオイル 大さじ2

・ベルガモット 3滴

・ラベンダー 3滴

・容器

作り方

(1)天然塩とアルガンオイルを合わせ、よく混ぜ合わせます。

(2)(1)にベルガモットとラベンダーを加え、さらに混ぜ合わせれば完成です。

ひじやひざなどが黒ずんでいると、せっかく素敵に装っていても印象がダウンしてしまいます。自分に対して丁寧に手をかけることで、いつも美しくしていられるパーツでもあります。ねぎらいの気持ちを込めて、毎日お手入れを続けてみてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
・100均グッズで美を磨く!美肌&美髪に導くお風呂美容のコツ
・ひじ&膝の黒ずみでオバ見え!ひじ&膝が黒ずむNG習慣って
・ノースリーブが似合うスベスベ二の腕に!ブツブツのケア方法
・蒸れ・乾燥・摩擦を徹底ケア!マスク肌荒れを予防する方法

【参考】
※アルガンオイル – わかさ生活
※ベルガモット – わかさ生活
※ラベンダー – わかさ生活