最近は、いろいろな新しい野菜も増えていますが、日本で古くから食べられている菊芋をご存じですか? 見た目が生姜のような菊芋は、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富な腸活食材。寒い季節が旬で、生でも加熱でも美味しく食べることができます。

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、毎日の腸活に役立つ菊芋レシピを2つご紹介します。

■菊芋が腸活に役立つ理由

菊芋には、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、イヌリンだけでなくペクチンやアルギン酸などいくつかの種類があるのですが、イヌリンは100%腸内細菌に利用され、腸内環境を整える働きに優れた水溶性食物繊維です。

またイヌリンには、糖の吸収を穏やかにする働きもありますから、一緒に食べたものの糖の吸収を抑えてダイエットのサポートにもなります。

■菊芋レシピ2つ

(1)菊芋フライ

腸活もダイエットも!水溶性食物繊維が豊富な「菊芋」レシピ

菊芋は皮に独特の甘い香りがあるので、皮ごと揚げましょう。また、トロトロと柔らかくなり、揚げたてを食べるときは熱いので、注意してください。

材料

菊芋

こめ油

お好みの塩

作り方

(1)菊芋はよく洗って半分に切ります。

(2)こめ油を熱して菊芋を揚げ、お好みの塩をかけて出来上がり。

(2)菊芋の梅おかか和え

腸活もダイエットも!水溶性食物繊維が豊富な「菊芋」レシピ

イヌリンは水溶性食物繊維のため、水にさらすと流れでてしまいます。生でそのまま食べられますので、水にさらさずに調理しましょう。

材料(作りやすい分量)

菊芋 4〜5個

梅干し 小さめ2個

鰹節 5g

作り方

(1)菊芋はよく洗って皮ごと薄くスライスします。

(2)梅干しは包丁でたたいてペースト状にします。

(3)菊芋と梅干しをよく和え、鰹節を混ぜで出来上がり。

独特の風味とイヌリンのほのかな甘みが美味しい菊芋。美味しく食べて、腸活に役立てたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

【関連記事】
・納豆も!?腸活に役立つ「味噌汁に入れたい食材」5つ
・40代の成功率高し!?医師推奨の「ホットバナナダイエット」とは
・美味しく飲んで美肌&美腸!ちょい足しビューティココア3つ
・腸活&美肌に!スーパーフード・抹茶を毎日飲むべき理由3つ

【参考】
※キクイモ – JAグループ
※水溶性食物繊維イヌリン – 明治