夏は一年で最も“なす”がおいしくなる季節。新鮮なものを手に入れたら、どんな風に調理しようか迷ってしまいますよね。今回はそんなときに便利な「なすのレンジ蒸し」の作り方をご紹介します。電子レンジでサッと調理できるので、時間に余裕がない日などにぜひ試してみてはいかがでしょう?

レンジ蒸しなすのサラダ

【材料・2人分】
なす 3個、ロースハム 3枚、パセリ 1/2枝、ドレッシング(レモン汁[または酢]、オリーブ油 各大さじ1、しょうゆ 大さじ1/2、こしょう 少々)
【作り方】
1. なすは皮むき器で皮を縦に3カ所むき、水にさっとくぐらせる。耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約4分加熱する。ラップをはずして粗熱をとり、8等分に裂く。ロースハムは5mm幅に切る。パセリは粗みじん切りにする。
2. 器になすを盛ってハムをのせ、ドレッシングをかけてパセリをふる。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
(146Kcal、塩分1.4g)
なすは水分を含ませるため、皮をむいたら手早く水にくぐらせておきます。電子レンジでチンしたら、ラップをはずして粗熱をとればOK。食べやすい大きさに裂いて、ハムなどの具材と合わせましょう。


レンジ蒸しなす

なすを電子レンジで加熱したら、おろししょうがや青じそをのせるだけ。さわやかな風味で、暑い日の夕食などにもうってつけです。


レンジ蒸しなす

たった5分で作れる時短メニュー。なすを薄切りにすると火が通りやすくなり、短い調理時間でもおいしく仕上がるはず。


レンジ蒸しなす

なすは加熱する前に塩をふり、ごま油をぬっておくのがポイント。青じそとめんつゆを混ぜた“たれ”によって、夏らしい味わいを楽しめます。


蒸しなすのさんしょうみそあえ

みそや砂糖、さんしょうなどを使った「さんしょうみそ」がおいしさの秘訣。ピリッとした辛みでご飯がどんどん進んでしまうかもしれません。


なすが紫色なのは、皮にナスニンという色素が含まれているから。老化防止や高血圧などに効果があると言われているので、家族の健康が気になる人は積極的に献立に取り入れてみてはいかがでしょう?