わが家の目覚まし時計は、設定時間がくるとラジオが流れるタイプ。電池のみで使用するとすぐに切れてしまうので、就寝時から朝、ラジオが流れるまではコンセントにつないで使っています。

それ以外のときはコンセントから外し棚に置いておくのですが、コードがどうにも邪魔でして…。
そんなときにフック付きの結束コードをセリアで見つけたので、使ってみることにしました。



・「曲がるコードフック」100円/1本(税抜き)
<サイズ>フックまでの長さ20cm
<材質>本体・キャップ:エラストマー
本体中心材:亜鉛メッキ鉄線
フック:ABS樹脂

コードを束ねる部分は、中が鉄線なので好きな形に曲げられます。



コードを束ねて、棚にフックでひっかけてみました。



これまで洗濯バサミでとめていたのですが見た目もよくなく、かさばるのが気になっていました。
「曲がるコードフック」ならクルクル束ねるのも簡単! 
そして何より見た目がスマートになりました。

ブラブラしないので、コードの重さで時計が落ちてしまうこともなさそうです♪

注意書きにもある、使用するときに気をつけたいことは。
「束ねたところから発熱の恐れがあるので、コードを束ねたまま通電しないこと。」



わが家の時計は、ラジオを聴くときだけ通電するタイプ。なので、夜、ラジオを聞くときはフックを外して使っています。
また、貴重品や壊れやすいものをつりさげるのもNGです。

掃除の際のコードの避難にも使ってます


子どもたちの電気スタンドのコード。そのままだとコードが床についたままなので、自動掃除機を運転させる前にいちいちコンセントから外して、別の場所へ避難させていました。

でも、この曲がるコードフックがあれば、床から上のところでくるんとまとめておけるので、本当に便利!



コード部分にホコリが溜まってしまうこともなくなりそうです。



S字フックの代わりにもOK!


S字フックだと2個以上かけると落ちてしまっていたシュシュも、大きく曲げたら落ちずに3個以上かけられました。



コードを束ねたうえに、どこかにひっかけたり、ぶら下げておける「曲がるコードフック」。ただフックが付いただけなのに、かなり使いやすいアイテムでした♪

文=さゆぼん