夏休みのランチにいかが? さわやか「梅うどん」レシピ5選

夏休みのランチにいかが? さわやか「梅うどん」レシピ5選

うだるような暑さに食欲がなえてしまいがちな夏には、梅干しのさわやかな酸みが恋しくなるもの。梅干しには夏バテによいとされるクエン酸が含まれているため、今の時期にはぜひ取り入れたい食材です。今回は梅の風味を生かしたうどんレシピをご紹介。暑い夏でもつるっと食べることができます。

■ 【梅おかかオニオンうどん】(331Kcal、塩分3.6g)

<材料・2人分>

冷凍うどん 2玉、玉ねぎ 小1個(約150g)、梅干し(種を除いて包丁でたたく) 1個、削りがつお 1袋(約5g)、マヨめんつゆ(めんつゆ[3倍濃縮] 大さじ3と1/2、マヨネーズ 大さじ1、冷水 1/2カップ)

<作り方>

1. 冷凍うどんは袋の表示どおりに電子レンジで加熱し、冷水にとって冷やす。水けをきって器に盛る。

2. 玉ねぎは縦半分に切り、縦薄切りにして水にさっとさらす。水けをきってボウルに入れ、削りがつお、梅干しを加えて混ぜ、1にのせる。

3. マヨめんつゆの材料をよく混ぜ、2にかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マヨネーズのコクと梅干の酸みがたまらない冷やしうどん。玉ねぎは冷水にさらしてシャキシャキ食感に仕上げます。電子レンジを使ってさくっと手軽に作れるのもうれしいところ。食べる前によくかき混ぜていただきます。

■ 【とりともやしの梅みそのっけうどん】

梅とみそのコンビがとりもも肉のうまみを引き出しています。もやしはさっと煮て固さを残すことで良い歯ざわりに。

■ 【なすのぶっかけうどん】

夏野菜のなすとみょうが入りのぶっかけうどん。しょうがは弱火で炒めて香りを立たせましょう。

■ 【にんじんツナうどん】

たっぷりのにんじんをのせてサラダ感覚に。マヨネーズと梅は混ぜずに別々に添えます。

■ 【小松菜梅うどん】

豊富な栄養素を含む小松菜と梅干しの相性が抜群。温かい麺なので、冷房で体が冷えた時におすすめのメニューです。

さっぱりとしたうどんと共に梅干しのパワーを取り入れて、今年の夏を乗り切りましょう。

関連記事

おすすめ情報

レタスクラブニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索