お米がない、パスタもない…! 困ったときは「だご汁」を作れば無問題





ご飯を炊こうと思ったら、米びつが空っぽ……という経験はありませんか? 乾麺などの買い置きがあればいいけれど、ないときはもう大変! 今からスーパーに行く? それともコンビニでレンチンご飯を買ってくる? でももうメイク落としちゃったし!!と頭の中は大混乱。そんな時、ぜひ思い出していただきたいのが「だご汁」です。

だご汁は九州地方などで食べられている郷土料理で、“だご”とは小麦粉を練って平麺状にしたもの。麺といってもめん棒などは使わず、手でのばすだけなので、誰でも簡単に作れます。

ちなみにこの生地をゆでてきな粉と砂糖をまぶしたものは、大分県では「やせうま」と呼ばれ、おやつとして広く親しまれているんだとか。その食べ方もおいしそうですね。

 

【だご汁】



<材料>(2〜3人分)

とりもも肉1/2枚(100g)、油揚げ1枚、干ししいたけ2〜3枚、きくらげ4枚、新ごぼう、新にんじん各1/2本、じゃがいも1個、わけぎの小口切り2〜3本分、だし汁3カップ、だごのたね(小麦粉1/2カップ、塩少々、水大さじ2強)、酢、みそ、みりん



<作り方>







(1)ボウルにたねの材料を入れて、耳たぶほどのかたさになるまでこね、ラップで包んで室温に約30分おく。

(2)干ししいたけは水につけてもどし、軸を除いて半分に切る。きくらげも水でもどしてかたい部分を除き、食べやすく切る。ごぼうは皮をこそげて斜め薄切りにし、酢水に約5分さらして水けをきる。にんじんは一口大の乱切りに、じゃがいもととり肉も一口大に、油揚げは縦1cm幅に切る。

(3)鍋にだし汁、とり肉、ごぼう、にんじん、じゃがいもを入れて煮立て、アクを除いてしいたけ、きくらげ、油揚げを加える。ふたを少しずらしてかぶせ、10〜15分弱火で煮る。

 





(4)1のたねを一口大にちぎり、手で薄くのばしながら3の鍋に入れ、さらに2〜3分煮る。みそ大さじ2と1/2、みりん大さじ1を加えて混ぜ、ひと煮立ちさせる。器に盛ってわけぎをのせる。

(286kcal、塩分2.3g)(レタスクラブニュース)

関連記事

おすすめ情報

レタスクラブニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索