私こんな汚いもの履いてたの!?放置靴を「オキシ漬け」してみたら…恐怖!

コストコで買ったばかりのオキシクリーン。







オキシクリーン(5.26kg) 

コストコ価格2,138円(税込み)を、クーポン440円利用で1,698円で購入



アメリカ製の洗剤って、日本の洗剤と違って未知との遭遇的な楽しみがあります。

前から放置していたスニーカー洗いとキッチンの洗浄に挑戦してみました。







スニーカーって洗うのが面倒で、なかなかできずにいました。

夏からずっと洗っていなかったんです。

見た目は少し薄汚れている程度かな?と思っていましたが、オキシクリーンを購入したし、せっかくだからスニーカー洗いに着手!!



最初に用意したのが、ゴム手袋と古い歯ブラシ。







それと洗った後に水気を拭き取るための乾いたぞうきんです。



手順は次の通りです。



1.軽くスニーカーの泥を落として、バケツ1杯に対して約3目盛のオキシクリーンをお湯で溶かして漬け込みます。

初めてなのと、生地以外の部分への影響が心配だったので、漬け込み時間は30分にしました。



2.30分後のバケツの水を見てみると…キャーーー!!想像以上に汚れていました。







3.ゴム手袋をはめて歯ブラシで汚れた部分をこすり洗いします。







4.靴の中も洗うと予想外に草や小石が出現!



5.すすぎはぬるま湯で5,6回。バケツの水がきれいになるまで洗い流します。



6.スニーカーの水分を押し出して、乾いたぞうきんで拭き取り、風通しのいい場所で乾燥させて終了です。



最初の漬けおきだけでもかなり汚れが落ちましたが、歯ブラシで洗うといっそうきれいになりました。

洗って大正解♪

オキシクリーンは洗浄力だけじゃなく、殺菌効果もあるというのでダブルで安心です。



靴ひもも、漬けおきしたあとにもみ洗いして水分を指でしごくようにしぼってから乾かすと、くすみがすっきりと落ちました。







結局1時間かかりましたが、乾いた後のスニーカーはさっぱりした姿に変身!

洗ってよかったー。







そして、キッチンでは油汚れに大活躍!



キッチンでは、フライパンなどの油汚れにいつもタワシを使っていますが、そのためにタワシは油汚れで真っ黒。

それがオキシクリーンを溶かした洗い桶の中でフライパンを洗うと、フライパンだけじゃなく、タワシまできれいなんです。

すごーい!







オキシクリーンって、油汚れに最強なんですね。

そういえばランチマットのシミを洗ったときも、油汚れが一番きれいに落ちていました。



揚げ物をしたあとは洗い物が悩みの種でしたが、オキシクリーンで簡単に洗えるのがわかったので、これからは油汚れもこわくない!オキシクリーンの大人気の理由がわかりました。





文=ポテコ(レタスクラブニュース)


関連記事

おすすめ情報

レタスクラブニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る