美しさと機能性を備えたナチュラルモダンインテリアを紹介し、大人気のインスタグラマーak__igさん。お子様3人とワンコがいるとは思えない、きれいに整った素敵なご自宅。その秘密を探ってみました。



2年前に新築したこちらのお宅は、ak_ _igさん一家にとって二度目のマイホーム。自分たちが長く愛せる空間にしたいと、素材選びなど細部のデザインまでとことんこだわったそう。







家族や友人たちと過ごす2階のLDKは、木のぬくもりが感じられるリビング、素材感で程よい武骨さをプラスしたキッチンが融合した、ナチュラルモダンな空間が印象的。リビングには、大人数でもゆったり座れるように造り付けのベンチを設置してあり、そのベンチから外のテラスへとつながる開放的な造りになっています。ベンチとテラスの床を同素材のスギでそろえる、珪藻土を使ったリビングの壁とテラス部分の壁も同色にするなど、さらに広く見せる工夫も随所にみられます。リビングはさらに外のテラスへとつながり、開放感も抜群!







リビングから一望できる壁付けキッチンは、人とは違うものにしたいと、素材選びに特にこだわったそう。天板にモールテックス、壁に黒皮鉄板を使用し、モダンな印象に仕上がっています。鉄製の壁は、レシピやカレンダーをマグネットで留めることもできて実用的。表面がはがれてもビンテージ感が出るので、経年変化も楽しみにできます。







家族5人で使うファミリークローゼット。衣類の収納場所を1カ所にまとめたことで、洗濯物を各部屋に片付ける手間がなくなり、大幅な時短につながったそう。さらに、洗面所やベランダ、部屋干しスペースと行き来できるウォークスルークローゼットにしたことによって回遊性が生まれ、家事動線がより無駄なくスムーズに。収納ケースはサイズをとことん吟味して、既製品でも見事なシンデレラフィットを実現!







個室の向かいにファミリークローゼットがあるため、各室には収納は設けずコンパクトに。個室をあえて狭くすることで、子どもたちが部屋にこもりきりにならないことも意識したそう。子どもが独立した後には、個室の壁を取り払って大きな一室にリフォームすることも想定し、同じ造りの部屋を横に4つ並べて配置しているのも特徴的です。



デザイン性と機能性を兼ね備えた、家族5人の理想の住まい。ナチュラルモダンな雰囲気に加え、経年変化も味になる素材を選んでいるので、長く暮らすほどに愛着が増しそう。まさにアイデアと魅力がつまったおうちでした。(レタスクラブニュース)