最近、「毒親」という言葉をよく目にするようになりました。肉体的な虐待だけでなく、精神的な虐待、過干渉、自立の邪魔をするなど、子どもの心に深い傷を残すケースも多いです。親が子どもを自分の持ち物のように思っているなど、親子の距離感を見誤っていると「毒親」化の可能性が…。



凶悪犯の幼少期についての報道を見ると、しばしば「毒親」の姿が見えるこがあります。犯罪は許せないですが、「これでは歪むのも無理ないな……」という感想も持ちます。歴史を紐解いてみると、不健全な親子関係が国家を揺るがす壮大なレベルに発展することも……



ローマ史上最悪の暴君が生まれてしまった背後には…?

今回取り上げるのは、古代ローマの女性アグリッピナです。西暦15年生まれ、同59年死去なので、今から2000年くらい前の人物。この人の母も同名なので、「大アグリッピナ」に対して「小アグリッピナ」と呼ばれることもあります。



知らない? でも、「ローマ史上最悪の暴君」として有名なネロといえば、ピンとくる人が多少いるはずです。アグリッピナはこのネロのお母さんです。



ネロは王妃を初め多くの人を無実の罪で処刑し、キリスト教徒(当時はまだ新興宗教だった)の大規模な迫害を行いました。芸術や建築を愛好し、自分の趣味のために金を湯水のように使ったなど、非常に評判の悪い人物です。



なぜ、ネロのような暴君が生まれてしまったのか――その陰には、母アグリッピナの存在がありました。



さて、アグリッピナの人生を紹介する前に、彼女と周辺人物の血縁関係がかなり複雑なことをお断りしておきます。この頃のローマ皇帝は、「実の男子に恵まれず、親戚の男子を養子にして後継者にする」というややこしい継承を繰り返したため、家系図がやたらと入り組んでしまうのですね。そして、親子・夫婦・兄弟間での骨肉の争いも日常茶飯事でした。



アグリッピナの父親は、皇帝の一族だったゲルマニクスという人です。彼は有能な政治家で、皇帝ティベリウスの養子、つまり将来の皇帝候補でした。ところが、ゲルマニクスは30代の若さで急死(暗殺説もあります)。その後、母(同名の大アグリッピナ)も皇帝と対立して失脚。アグリッピナは苦労の多い少女時代を過ごします。

 

ティベリウス帝の死後、兄のカリグラが後継者に選ばれました。アグリッピナは皇帝の妹という立場になったのです。しかし、やがて兄と対立し、謀反の疑いを受けて島流しになりました。ドロドロした権力闘争の多さがわかりますね。



アグリッピナは美貌に恵まれており、同時に権力欲の強い野心家でもありました。ローマの女性としては珍しく回想録を残したほどの、頭のいい女性でもあります。



いくら野心家でも、女性は皇帝になれません。最初に結婚した夫は若くして死に、幼い息子ネロが残されていました。

「いつかは、我が子を皇帝に……」



不遇続きながら血筋の良いアグリッピナは、いつしか息子に自分の野望を託すようになります。



[PAGE]

野心を胸に再起を図るアグリッピナ

カリグラもほどなくして暗殺され、血縁にあたるクラウディウスという人が皇帝に担ぎ上げられました。この人は病弱で容姿にも恵まれず、長く政治の表舞台には関わってきませんでした。しかし、50歳で皇帝になると、それなりに政治手腕を発揮しています。クラウディウスの即位後、アグリッピナは名誉を回復してローマに戻ります。



西暦48年、クラウディウスは30歳年下の妻を、不貞を働いた罪で処刑しました。野心を胸に秘めたアグリッピナは、これをチャンスとして皇帝に近づきます。クラウディウスとアグリッピナは叔父と姪の関係にあたるのですが、彼女は気にかけませんでした。



翌年、34歳のアグリッピナは、59歳のクラウディウス帝と結婚しました。しかし、連れ子のネロの地位はまだ安泰ではありません。クラウディウスにはブリタニクスという男子がいたからです。そこで、アグリッピナは皇帝を説得し、彼の娘であるオクタヴィアとネロを結婚させました。さらに、高名な哲学者のセネカをネロの家庭教師につけ、高度な教育を施します。



アグリッピナの英才教育の結果、ネロは期待通り才知に溢れた青年に成長します。16歳の時には元老院で堂々とした演説を披露し、後継者としての地位を固めました。



西暦54年、アグリッピナは彼女の野望の仕上げに入りました。クラウディウスに毒キノコの料理を食べさせ、毒殺したのです。こうして、17歳のネロは皇帝に即位しました。



皇帝の母となって野望を達成したアグリッピナは、ネロの後見役として政治への口出しを繰り返しました。ネロが公的な場に現れるときは、母が常に息子の傍らにいたといいます。しかし、子どもから大人へと確実に成長していたネロは、やがて母の思い通りにならなくなっていきます。

 

最初の反抗は、母の決めた結婚相手をさしおいて、卑しい身分の女性に浮気をする形で現れました。アグリッピナは激怒し、母子の間に亀裂が入ります。母と険悪な関係になったネロは、義理の弟ブリタニクスが皇帝にかつがれるのではないかと恐れ、彼を毒殺してしまいます。そして、母を宮殿から追い出し、権力を奪ってしまったのです。



邪魔な母から逃れて、やっと自分の権力を手にしたネロ。まだ若かったものの、セネカなど有能な側近もいたため、治世の初期は堅実な政治をしていました。



ところが、またもネロの女性問題を契機に、母子の関係は破滅に至ります。ネロはポッパエア・サビナという女性(前述の女性とは別)と恋に落ち、王妃と離婚してポッパエアと結婚しようとしたのです。アグリッピナはこの離婚に猛反対しました。



いくら実権を失ったとはいえ、皇帝の実母が反対していては離婚できません。ネロはついに、母親を葬り去る決意をします。



まず、ネロは母の乗る船に細工をして、おぼれ死ぬように仕向けました。舟は計画通り沈没しましたが、アグリッピナは無事救出されます。業を煮やしたネロは、母の邸宅に部下を送り込み、殺してしまいました。



追いつめられたアグリッピナは、兵士たちに自分の腹部を指さして、こう一喝したと伝えられています。

「刺すならここを刺しなさい。ネロはここから生まれてきたのだから」



時に西暦59年、アグリッピナは44歳でした。



母を殺したことで、ネロはようやく重い足かせから逃れることができました。しかし、歪んだ彼の心が治ることはありませんでした。アグリッピナの死後、妻のオクタヴィアや師匠のセネカは無実の罪で自殺に追い込まれます。



西暦64年、ローマは大火に襲われました。ネロはこれをキリスト教徒による放火だと決めつけ、多数の信徒を残虐なやり方で処刑しました。



暴虐を極めた皇帝に、市民や元老院の心は完全に離れてしまいました。西暦68年、帝国内で反乱が相次ぎ、追いつめられたネロは自殺します。享年30歳でした。



権謀術数を駆使して我が子を皇帝にしたアグリッピナ。彼女の行動は、自分のためであると同時に「息子のためを思って」のことだったかもしれません。しかし、子どもはやがて成長し、親とは別の人格になっていきます。このことを考慮していなかったアグリッピナは、自身を破滅させただけでなく、ローマ全体に混乱をもたらしてしまったのです。





文/三城俊一(みきしゅんいち)

文筆家。1988年奈良県生まれ。学習塾講師や教材制作業の傍ら、歴史系ライターとして活動。著書に「なぜ、地形と地理がわかると現代史がこんなに面白くなるのか」(洋泉社新書)、「ニュースがわかる 図解東アジア史」(SBビジュアル新書)など。



イラスト/なとみ みわ(レタスクラブニュース)