「2人目の子は問題児になりやすい」という説は本当だった? 原因は「お手本」となる存在

「2人目の子は問題児になりやすい」という説は本当だった? 原因は「お手本」となる存在

2番目の子どもについては、親はできるだけ目を離さずにその成長を見守った方が良さそうです。というのも、兄弟の2人目として生まれた子ども、特に男の子は、停学処分を受けたり、不良少年になったり、刑務所に入ったりする確率が高いことがわかったのです。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のエコノミスト、Joseph Doyle氏らがこのたび発表した調査分析により「2番目の子どもは問題児になりやすい」との俗説が本当かもしれない可能性が浮き彫りになりました。

研究チームは、膨大な量のデータセットの分析をしました。その結果、兄弟の2番目として生まれた子どもは、上の子と比べて問題を引き起こしやすいこと、特に2番目に生まれた男の子は、最初に生まれた男の子と比べて、学校で深刻な問題を引き起こしたり、警察沙汰になったりする可能性が25%〜40%も高いとの結論が導き出されました。

2人目以降と比較して、最初に生まれた子どものほうが学校での成績が良く、知能指数(IQ)も高く、賃金が高い仕事に就く傾向があることは、エディンバラ大学でも研究され、以前から研究者の間で知られていました。しかし、2番目に生まれた子どもがとりわけ問題児になりやすいことを指摘した大規模な研究は、これがほぼ初めてです。

しかもこの傾向は、研究が発表されたアメリカだけにとどまりません。この調査で用いられた家族に関するデータセットは、膨大な人数の兄弟から抽出されたもので、アメリカではフロリダ州が、ヨーロッパではデンマークが対象となっています。もちろん、2番目の子どもすべてが厄介者になるという話ではありませんが、リスクは確かにあるというのが、この研究の言わんとするところです。

しかし、どうしてこんなことになるのでしょう? 2番目の子どもが、1番上の子とこれほどまでに違う道を歩むのはなぜなのでしょうか?

考えられる理由の1つとしてDoyle氏は、親が子どもに費やす時間や労力の違いを挙げています。1人目の子どもの場合、親は子育てに手間ひまをかける傾向があります。しかし、2人目が生まれるころには、親の緊張感が薄れてしまうというのです。また、その子にとっての「手本」となる存在の違いも関係していると考えられます。

この点についてDoyle氏は、米公共ラジオ局NPRの取材に対して以下のように説明しています。

1人目の子どもは、周囲の大人をお手本にします。一方、それに続く2人目以降の子どものお手本は兄や姉が務めることになりますが、手本とされる側も、まだ理屈の通じない2歳児だったりするものです。

親がかける手間ひまの違いと、兄弟の影響、この2つの要因が相まって、労働市場における(賃金の)差や、若いころの非行といった形で表れるのでしょう。この2つの要因は同時に影響を及ぼしているので、それぞれを分けて考えるのはとても難しいのです。

とはいえ、今回の研究成果はあくまで非常に大まかな傾向を示したもの、という点は強調しておくべきでしょう。すべての家庭がこうした問題に直面するわけではありませんし、2人目に生まれた男の子がみんなこのような苦労の多い人生を送ると決まっているかといえば、それは違います。規則には例外がつきものです。

それでも、2人目の子どもを育てている親は、子どもにきちんと目を向け、気をつけておくに越したことはないでしょう。1人目と扱いが違うこと自体が、2人目の行く末に影響を及ぼすというのが、この研究からわかることの1つなのですから。

The Curse Of The Second Born Child Is Real | Lifehacker US

Image: Daxiao Productions/Shutterstock.com

Source: MIT, The University of Edinburgh, NPR

関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索