「ジャグリング」ができるようになる、超簡単な練習法

「ジャグリング」ができるようになる、超簡単な練習法

今日はジャグリングのお話です。と言っても、一度に複数の仕事をこなすマルチタスキングのたとえではなくて、バトンやボールを使う文字通りのジャグリングのことです。

ジャグリングができるようになりたい! と思っている人は、この記事で紹介する動画を観てみてください。必要なものは少しばかりの忍耐とビニール袋2、3枚。それだけです。

Laziest way to learn to juggle - World Record Juggler This video is for the most uncoordinated people who don't think juggling is for them. Behold, the easiest and most lazy way to learn to juggle. Also try stan... https://www.youtube.com/watch?v=OiVSDqT7nNw

上記のSlickJuggling YouTube channelの動画では、ジャグリング時間世界最長記録保持者のDavid Slickさんが、ジャグリングの練習の始め方を教えています。なんと、スカーフを使うんです。ジャグリングの練習は、ボールやリング、バトン、ボーリングのピン、火のついたたいまつでなく、フワフワと宙に浮くスカーフを放り上げることから始まるのです。

練習の仕方はシンプルです。床に座って、2枚のスカーフで始めましょう。1枚は自分の左側の床に置き、もう1枚は左手で持ちます。次に、左手に持っているスカーフを右に向かって投げて、床に置いたスカーフを手に取ります。右側でも同じことを繰り返しましょう。これが基本動作です。

左手に持っているスカーフを投げて左側の床のスカーフを手に取り、右手に持っているスカーフを投げたら右側の床のスカーフを手に取ります。投げる、手に取る、投げる、手に取る、この反復です。だんだん早くできるようになると、スカーフが空中にあるうちに捕まえられるようになります。

特にジャグリング用のスカーフを買う必要はありません。スーパーでくれるビニール袋もフワフワ空中に浮いて簡単に手でつかめるので、それで代用できます。練習を重ねたら、同じテクニックをボールやお手玉でもやってみましょう。

立ってできるようになったら、あるいは、もっと重い物でやってみようと思ったら、最初はベッドに向かって立ってやってみてください。そのまま練習を続けたら、あっと言う間にワールドクラスのジャグラーになれるかもしれませんよ。

The Easiest Way to Learn How to Juggle|Lifehacker US

Image: Laziest way to learn to juggle - World Record Juggler|YouTube

Video: Laziest way to learn to juggle - World Record Juggler|YouTube

Source: Laziest way to learn to juggle - World Record Juggler|YouTube

関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索