煮込み時間0分! 夏は涼しく電子レンジでカレーを作ろう

煮込み時間0分! 夏は涼しく電子レンジでカレーを作ろう

こんにちは、料理研究家のオガワチエコです。夏バテしやすいこの時期、しっかり食事は召し上がっているでしょうか。

暑いときでも食べたくなる料理にもいろいろありますが、スパイシーな香りで食欲をそそるのが、カレーです。

カレー好きな男性はとても多いです。でも、作るとなるとちょっと面倒。特にいまの時期は、火を使うとキッチンや部屋に熱気がこもり、作っている時も食べている時も暑すぎてツライ。料理を仕事にしている私でもそう感じるのですから、一般の方はなおさらでしょう。

でも今回ご紹介するカレーは、火を使う必要がありません。電子レンジの使用のみで作れるので、煮込むといった工程がなく、部屋も涼しく快適なまま仕上げることができるんです。

電子レンジで作るカレー

Photo: 大崎えりや

▼材料(1人分)

鶏もも肉……120g

ピーマン……1個

スライスガーリック……5〜10枚

フライドオニオン……大さじ2

カレー粉……大さじ1/2

小麦粉……大さじ1/2

ココナッツミルク……1/2カップ

水……1/2カップ

オイスターソース……小さじ1/2

塩……小さじ1/2

輪切り唐辛子……少々

▼作り方

Photo: 大崎えりや

1. ピーマンのヘタと種をさけながら、キッチンバサミで適当な大きさに切る。鶏肉も小さめのひと口大に切る。

Photo: 大崎えりや

2. 耐熱密閉容器に、①とそのほかの材料をすべて入れる。

Photo: 大崎えりや

3. よく混ぜてから蓋をして電子レンジに入れ、600wで2分加熱する。

Photo: 大崎えりや

4. 取り出してよく混ぜ、再び電子レンジに入れて1分半加熱して火を通す。

電子レンジにかけていったん取り出してかき混ぜるのは、熱を均一に行き渡らせるため。美味しく仕上げるには欠かせない工程です。

それに、調理に火を使わないということで、電子レンジで火が通りやすい食材を使うのが前提になります。

フライドオニオンを使うのも火を使わずに済むためですが、皮をむいたり刻んだりといった面倒な作業も省けます。また、入れるとコクや香ばしさも加わるので、いろいろな料理にお勧めです。同様に、スライスガーリックも指でつまんで細かくできるので、扱いやすくとても便利です。

さらに、とろりとしたココナッツミルクを使うことで、とろみ付けが簡単にできます。エスニック感があふれ、夏らしさもいっぱい。ひと口食べればまたひと口と、とにかくごはんが進みます。

食材は包丁を使わず、すべてハサミで切っているので、まな板を使う必要もありません。洗いものも最小限で済み、あと回しにしても問題なし。疲れて帰って来た日にはピッタリの超簡単メニューです。

電子レンジを上手に使って、美味しい料理で栄養補給。今年の夏は、疲れ知らずで乗り切りましょう。

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

(写真/大崎えりや)

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索