スマホが使えなくなったときのために。AppleやGoogleなどのアカウントの復元コードを取得して保存する方法

スマホが使えなくなったときのために。AppleやGoogleなどのアカウントの復元コードを取得して保存する方法

スマートフォンを失くす(あるいは壊す)のは決して楽しい体験ではありません。ガラスが割れやすい機種だと悲しさも倍増しますが、本当にあなたを悩ませることになるのは別の問題です。それは、スマートフォンがオンラインアイデンディティーの鍵になっているという事実から発生するものです。

もしあなたが2段階認証を利用していれば、一時的に生成されるアクセスコードを取得するために、スマートフォンで認証アプリを開くか、SMSのテキストを受け取る必要があります。2段階認証が利用できなくなれば、ほかのデバイスにログインしたり、オンラインで買い物をすることもできなくなります。

ですので、スマートフォンが使えなくなったときのために、アカウントの復元コードや、2段階認証のバックアップコードを紙に印刷して、ほかの重要書類と一緒に保管しておくことを強くオススメします。

バックアップコードを取得する方法

Microsoft

Microsoftのアカウントページにアクセスして、上部の「セキュリティ」タブをクリックしてください。 ここでは、パスワードの変更、アカウントの復旧に使う予備のメールアドレスや電話番号の登録、アカウントのアクティビティーの監視ができます。そして、ページの下のほうに「その他のセキュリティオプション」というリンクが見えるはずです。この先に2段階認証の設定が隠れています。

Image: Microsoft

リンクをクリックして、2段階認証をセットアップしましょう。2段階認証にはSMS(セキュリティー上の懸念があるのでオススメしないですが)か、認証アプリ(数分おきに新しいパスコードが生成される)を使います。セットアップができたら、復元用コードを取得します。「回復用コードを置換」をクリックし、表示されるコードを印刷するなどして安全に保管してください。コードを置換すると、古いコードは新しいコードに自動的に置き換えられます。

Apple

Apple IDアカウントで「2ファクタ認証」を有効にすると、復旧キーを生成できます。ただし、注意事項をよく読んでから生成してください。復旧キーを紛失すると、Apple ID アカウントに永久にアクセスできなくなります。iOSやMacOSで復旧キーを生成するのはとても簡単です。Appleのページにある手順は以下の通りです。

・iPhone、iPad、iPod touch の場合

「設定」>「あなたのユーザ名」>「パスワードとセキュリティ」の順に選択します。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力する必要があります。「復旧キー」をタップします。「復旧キー」をスライドさせてオンにします。「復旧キーを使用」をタップし、デバイスのパスコードを入力します。復旧キーを書き留めて、安全な場所に保管しておきます。確認のため、次の画面で復旧キーを入力します。

・Mac の場合

「システム環境設定」>「iCloud」>「アカウントの詳細」の順に選択します。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力する必要があります。「セキュリティ」をクリックします。「復旧キー」セクションで、「入にする」をクリックします。「復旧キーを使用」をクリックします。復旧キーを書き留めて、安全な場所に保管しておきます。「続ける」をクリックします。確認のため、次の画面で復旧キーを入力します。

Google

Googleアカウントのページを開いて、「ログインとセキュリティ」をクリックします。 「Google へのログイン」セクションで、「2段階認証プロセス」を選択します。 もう一度パスワードを入力すれば、Googleアカウントの安全性を高めるさまざまなオプションが表示されます。ここに、2段階認証を設定するセクションと並んで「バックアップコード」というセクションがあるはずです。

Googleでは、10個までのバックアップコードをダウンロード、印刷、新しいコードの生成ができます(古いものと置き換わる)。バックアップコードはそれぞれ1回しか使えませんので、使用済みのものは印をつけるか消しておきましょう。

印刷して、安全な場所に保管する

印刷にせよ手書にせよ、復元コードを紙で保管すべきなのにはそれだけの理由があります。復元コードはあなたのアカウントを復旧する最後に残された手段です。必要なときにコードがわからなければ、自分のアカウントに永久にアクセスできなくなってしまいます。

コードの保管場所には最新の注意が必要です。書類フォルダに入れるのは初心者がやることです。コードを安全に守るには、安全な場所に保管しなければなりません。パスポート、出生証明書、クルーガーランド金貨などと一緒に金庫に入れておくか、少なくともマットレスの下に隠してください。

デジタルでも保存する

復元コードは紙に印刷するだけでなく、デジタル形式でも保存しておきましょう。テキストファイルにコピーし、暗号化したUSBメモリに入れ、ほかの重要書類と一緒に保管してください。(私はPCの本体ケースの中に隠しています)

パスワードマネージャーに保存する

スマートフォンや復元コードを印刷した紙が手元になくても、コードにアクセスできるようにしておく必要があります。パスワードマネージャーを使っている人は、そこに復元コードを保存しておけば、どんなデバイスから(ウェブを含めて)もアクセスできます。

『1Password』や『LastPass』といったパスワードマネージャーなら、ウェブインターフェースが用意されているので、新しいパソコン(または代替用のスマートフォン)からアクセスしなければならなくなったときにも安心です。パスワードマネージャーの個人情報のページに復元コードを書き込んでおくか、新しいノートを作って保存してください。ただし、いくらパスワードマネージャーが便利でアクセスしやすいとしても、紙に印刷して安全な場所に保管するというステップを省いてはいけません。

Image: Ervins Strauhmanis/Flickr

Source: Microsoft, Apple, Google

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文]

関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索