イライラせず、赤ちゃんの爪を簡単に切る裏ワザ

イライラせず、赤ちゃんの爪を簡単に切る裏ワザ

赤ちゃんの爪を切るのは難しいですよね。イライラしてしまうことも。

たびたび切らなければならないので、苦労している親御さんも多いと思います。我が家でも、生まれて間もない娘の爪を初めて切るときは、小さな尖った爪をうまく押さえらなくて、苦労しました。

赤ちゃんが動き回ってイライラ…

それで、1カ月健診に爪切りを持参して、看護師や小児科医に娘の爪を切って欲しいと頼んでみたのですが、断られました。

2人目の子どもは、しばらく新生児集中治療室に入ったので、そこのスタッフが爪切りをしてくれるかな、と思ったのですが、残念ながら、やってくれませんでした。

赤ちゃんが生まれたばかりだったり、ぐっすり眠る子の場合は、眠っている間に注意深く爪を切ればいいので、簡単です。

でも、もう少し大きくなって、動きが活発になり、反抗するようになると、本当に大変になります。特に、我が家の生後14カ月の息子のように、竜巻と競うぐらいのエネルギーレベルだと、もうお手上げです。

抱っこ紐を使えば赤ちゃんの爪を簡単に切れる!

でも、子育てに10年も奮闘した末に、遂に裏ワザを発見しました。絶対失敗せずに爪を切ることができて、しかも楽々と数分でできてしまう裏ワザです。

抱っこ紐で抱いて赤ちゃんの動きを制限してみましょう。

そのとき、子どもの顔は外側をむかせるようにして、爪を切ってください。この状態でも赤ちゃんはやはり手足を自由にバタバタさせますが、身体全体に抱っこ紐がかかっているのでコントロールしやすくなります。

それに、赤ちゃんはあたりをきょろきょろ見回して気を取られるので、手や足の爪を切られていても、ほとんど気にしません。

あわせて読みたい

子どもの写真をSNSにアップする恐ろしさと、公開前に注意すべき4つのこと 子どもが10代になると、私たち親は、子どもとSNSの関わりついて、数々の心配や悩みを抱えるようになります。こうした問題は、私たちが子どものころには存... https://www.lifehacker.jp/2019/01/do-you-share-too-much-about-your-kids-online.html 「ママなんか大嫌い!」の本当の意味は? 心理学者が解説 「ママなんか大嫌い!」息子が6歳の頃、何かの理由で私に腹を立て、階段をドスドス上りながら肩越しに叫びました。階段の中ほどまで登った息子は、立ち止まり... https://www.lifehacker.jp/2019/02/185515.html

Image: JBong/Shutterstock.com

Lorraine Allen – Lifehacker US[原文]

Photo: George Goodman (Reshot)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索