超軽量でかさばらない新デザインのメッセンジャーバッグ「Alpha」

超軽量でかさばらない新デザインのメッセンジャーバッグ「Alpha」

「バックパックは大きすぎる」

パソコンやタブレットくらいしか持ち運ばない人からすれば、そう感じてもおかしくないはず。特に最近は、満員電車でバックパックを持ち歩くのは、窮屈以外の何ものでもありません。

そこで、最低限を持ち歩く超軽量メッセンジャーバッグ「Alpha」が注目を集めています。

バックパック<メッセンジャーバッグ?

Photo: 島津健吾

ここ数年で、バックパックは仕事で使う市民権を大いに得てきました。それは、両手が開くこと、容量が大きいこと、ファッションアイテムとして認識されてきたことなどが理由として考えられます。

パソコンやノートなど、荷物が多いビジネスパーソンにとっては、ビジネスバッグの初手になったと言えるでしょう。もちろん、私もそんな一人ではあるのですが、最近は「所有しない時代」であるように、荷物をあえて減らしています。

そんな時に出会ったのが、このメッセンジャーバッグ「Alpha」です。久々にメッセンジャーバックを使ってみて思ったのが、肩にかけるだけなので電車で邪魔にならない。お財布を取り出したい時、すぐに手が届く。460gで超軽量。

あれよあれよと、良いところが見つかったのです。10年iPhoneを使って、久々にAndroid使ってみたら、「あれ、良くなっている」と思うのと同じような感覚。

13.3インチのノートPCに最適化された容量

Photo: 島津健吾

特に一番よかったのが、ノートPC時代のためのメッセンジャーバッグということ。13.3インチのMacBook Proがぴったりと収まるサイズなんです。そのかわり、それ以外のスペースはほとんどレス化されていて、バックパックのような容量は期待できません。

でも、それで良いんです。良いんですよ!

ここまで極端に振り切ってもらったほうが使いやすい。

Photo: 島津健吾

それ以外にはノートが入るスペース、そのほかに電源アダプターやケーブル類を入れておくこともできます。ただペットボトルはギリギリ入るのですが、入れるとメッセンジャーバッグの見た目が損なわれるのでおすすめはしません。

Photo: 島津健吾

そのほか、正面にはジッパーのついたポケットとジッパーのないボールペンなどを収納できるスペースの2つがあります。メインスペースは、たったこれだけ。

つまりはビジネスシーンで必要なPC、タブレット、ノートあたりを入れて、身軽に動きたいという人に最適化されているバッグというわけです。

分厚いファイルを持ち歩いている人には、容量は明らかに足りません。

裏面には止水ジッパーのスペースも

Photo: 島津健吾

裏面には止水ジッパーを使ったスペース。こちらはスマホや貴重品などを入れておくにはちょうど良さそうでした。また、このバックパックの素材ですが、高耐久性の防水ファブリックを使用しています。大事なガジェット類を雨から守ってくれる頼もしい存在です。

200人以上から支援を集めています

Photo: 島津健吾

超軽量メッセンジャーバッグ「Alpha」は、現在machi-yaでクラウドファンディング中。現在200人を超える方々から支援を集めています。支援期間も残りわずか。この機会に、ご自身のバッグを見直してみてはいかがでしょうか?

>>ハイテクギアの携帯にフォーカスした超軽量メッセンジャーバッグ「Alpha」の支援はこちら

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya


関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索