ミーティングやアイデア出し等、ビジネスに欠かせないノート。PC派、紙派など、ツールの選択肢はさまざまあります。

やはりメモは手書きでとりたい。でも紙のノートだとメモしたページが見つからなかったり、確認したい時に限って手元に持っていなかったり、と管理しきれないことも…。 

そんな人に選ばれているのが、デジタルノートではないでしょうか。

Photo: sato

この冬、文具メーカーのキングジムがデジタルノート「フリーノ」を発表。クラウドファンディングサービス「Makuake」を利用したプロジェクトを開始しています。さっそく使い心地を試してみました。

デジタルだけど、あたたかい

Photo: sato

キングジムがこだわったのは、「親しみやすさ」や「温かさ」。

本体はカラーはやわらかなベージュを採用。デジタル機器のシャープさやクールさは封印し、文房具らさを感じるデザインとなっています。

Photo: sato

専用カバーに関しても、手触りが心地よく経年変化を楽しめるクラフトペーパーを採用。デジタル機器というより手帳のカバーという雰囲気です。

目指したのは紙に近い書き心地

Photo: sato

やわらかな色合いで目が疲れず、紙に書いたような見やすさを実現しているのは、E Ink社の電子ペーパーディスプレイ。

ペンは、ワコム製のデジタルペンを採用。紙に書くときと同じとまではいきませんが、ペンを滑らせるとなめらかに線が表示されます。なんでも4000段階以上の筆圧を検知してくれるのだとか。

Photo: sato

ペンの後ろには消しゴム機能が搭載されており、こすると消えるペン感覚で消すことができます。

お仕事ノートに必要な要素をきちんと

Photo: sato

「ノート」「ドキュメント」「カレンダー」の3つの機能があり、ノートとして使う他、pdfにも書き込みが可能。

Photo: sato

カレンダーには予定の書き込みの他、日付をタッチするとメモ作成画面が表示され、書き込むこともできます。

専用カバーを使って立て掛ければ卓上カレンダーのようにも。

Photo: sato

dropboxとの連携もできるため、ミーティング後にノートをdropbox内のプロジェクトフォルダに保存するなど、効率よく使いこなすことができます。

書くのが楽しくなるノート

Photo: sato

ノートは、横線や方眼、ToDoなど12種類のフォーマットから用途に合わせて選ぶことができます。

Photo: sato

太さや濃度、ペン種も豊富。

※イラストは内蔵サンプル Photo: sato

絵心のある人なら線を工夫することでこんな風に絵を描いたりも。

文房具メーカーが作ったということもあって、書くという行為が楽しくなるようなデジタルノート。

手持ち無沙汰の時など、なんとなくつい書いていたということもありそう。

Makuakeでは、2020年02月28日まで支援を募集中です。

あわせて読みたい

仕事とプライベートの予定が1ページにまとまる手帳。その秘密はタテヨコ仕様【今日のライフハックツール】 年末が近づくと、書店や文具店に手帳コーナーが設置され、手帳を手にとり、今年はどの手帳にしようかと考える人も多いのではないでしょうか。手帳は月間スケジ... https://www.lifehacker.jp/2019/12/lht_brownie-techou.html 無印良品のルーズリーフは、ひと工夫あって使いやすさ抜群【今日のライフハックツール】 必要なページだけファイルできたり、ページを入れ替えたり、便利に使えるルーズリーフ。勉強用ノートとして学生時代は大変お世話になったけれど、仕事をはじめ... https://www.lifehacker.jp/2019/11/lht_mujirushi-note.html キングジムのアイデアは、気づかぬ課題も解決する。使いやすさを追求したクリップボード【今日のライフハックツール】 イベントの進行管理や、現場でのリサーチ、倉庫での在庫チェックまで。書類を挟むことで、簡単に文書ファイルが完成し、机や台がない環境でも楽に記入できるク... https://www.lifehacker.jp/2019/11/lht_kingjim-clipboard.html

Source: Makuake

Photo: sato