撮影に夢中で、ポケットにしまったはずのレンズキャップが行方不明…。

キャップ自体は高価なものではないですが、大切なレンズがホコリや傷から守れなくなってしまうので避けたいトラブルですよね。

そんな課題は専用ホルダーで解決、という手がありますよ。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「CAPNiP」はレンズキャップを挟んで固定しておける、シンプルなホルダーです。こちらのキャンペーンが終了まで残り7日となったので、改めてご紹介しておきます。

ストラップをキャップの定位置に

Image: BONZART

「CAPNiP」の使用方法はいたってシンプル。カメラやバックパックのストラップに取り付ければ準備OKで、あとはレンズキャップを挟むだけ。ポケットに入れるよりも脱着がスムーズそうですし、定位置が決まれば撮影後に慌ててポケットやカバンの中を探さずに済みそうです。

Image: BONZART

対応するキャップのサイズは直径40mm〜80mmなのである程度大きなレンズキャップでも大丈夫そうですね。ストラップは43mm幅までのものに対応するので、カメラバッグなど幅広タイプのストラップにも取り付け可能とのこと。

挟む&引っかけるで落下を防止

Image: BONZART

肝心のホールド力についてはこの動画のとおり。キャップを挟んだ状態で振っても落ちる気配はなく、しっかりと保持してくれているので、移動しながらの撮影でも安心して使えそうです。

Image: BONZART

ホールド力の秘密は挟む部分の突起構造とのこと。挟む力にくわえ、レンズキャップの凹凸に引っかかる構造のため、簡単に落ちないんですね。シンプルだけど使いやすさも考慮されたソリューションです。

素材にもこだわった2色展開

Image: BONZART

製品デザインはレンズキャップの丸い形とのコラボを意識したユニークな形状になっており、カラーはブラックとシルバーの2色展開。表面プレートには高級感を演出するためにアルミを採用しています。

Image: BONZART

主張しすぎない、シンプルなデザインなのでさまざまなカメラとの相性も良さそうですね。

ありそうで無かったレンズキャップの収納グッズ「CAPNiP」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。執筆時点では、数量限定の早割コースが30%OFFの1,386円(送料込)からオーダー可能となっています。

キャンペーン終了まで残り7日となっていますので、レンズキャップを紛失に心当たりがある方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>レンズキャップの紛失防止に役立つキャップクリップ「CAPNiP」のオーダーはこちらから

Image: BONZART

Source: machi-ya