会議、盛り上がってますか?

活発な議論やアイデアが飛び交っていれば良いのですが、そうでない場合もありますよね。そんな時は画面を触れるプロジェクターでプレゼンや発表を楽しいものにしてはいかがでしょうか?

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「IMK96+」は、モバイルタイプながら、タッチスクリーン機能を搭載で画面の直接操作や絵を描くことも可能な製品です。

こちらキャンペーンが終了まで残り6日となったので、おさらいしておきます。

多彩な入力ソースとAndroid搭載で高い汎用性

Image: ADRICH

「IMK96+」は、最近のモバイルプロジェクターに多いAndroidを搭載した製品。もちろんGoogle Play Storeも利用できるとのことで、スペックが許す限りのアプリは利用できるようです。

動画系はYouTubeがプリインストールされていますが、他にもAmazon Prime VideoやNetflixなど動画アプリも使えるので、コンテンツに困ることはなさそうですね。

Image: ADRICH

入力ソースとしては定番のHDMIをはじめとして、USBメモリやMicro SDカードを介したファイル直接参照も可能。

Image: ADRICH

PCやスマホ、タブレットはAirPlayなどの無線ミラーリングにも対応するので、汎用性は高いですね。

Image: ADRICH

お部屋のサイズや明るさによって快適に視聴できるサイズは異なりますが、投影距離7mで200インチの大画面環境を構築可能。

ちなみに200インチを実現する場合、投影面の横幅は約4.5mになります。あわせて7mの投影距離確保となると、計算上は18畳ぐらいの間取りが必要ですので、一人暮らしのワンルームマンションだと100インチぐらいまでが物理的な限界かもしれませんね。

投影面がタッチスクリーンに

Image: ADRICH

プロジェクター機能だけを見ればトレンド感のあるモバイルプロジェクターという感じの「IMK96+」ですが、差別化ポイントはこちらのタッチスクリーン機能でしょう。付属の専用ペンを使うことが条件のようですが、メニュー選択はもちろん、上記動画のように文字などの描画も可能とのこと。

Image: ADRICH

仕事でのプレゼンテーションを行ったり、自宅で子どもたちとデジタルお絵かきなんかも楽しめちゃいますね! 壁も汚さないのでこれは楽しそう。

快適機能も盛りだくさんあ

Image: ADRICH

「IMK96+」はモバイルプロジェクターですが、快適に利用するための機能もしっかりと対応済み。例えばこちらの自動台形補正は投影面や角度を計算してプラスマイナス45度の範囲で画面の歪みを自動修正してくれます。

Image: ADRICH

リモコンでの操作ってカーソル移動などがちょっと煩わしい時もありませんか? 「IMK96+」は本体にコントロールパッドを搭載しているのでより直感的に操作ができるようになっています。

Image: ADRICH

小型ですが三脚も付属。直接置くだけより投影面の調整がしやすいですね。

Image: ADRICH

もちろんモバイルを謳っているので内蔵バッテリーによる駆動も可能。環境にもよりますが、フル充電時で約3時間の利用が可能とのこと。バッグに忍ばせておけば、取引先とのミーティングなどでも活躍しそうですね。

インタラクティブ機能搭載で見るだけじゃなく遊べるモバイルプロジェクター「IMK96+」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では30%OFFの早割コースが48,860円(送料込)からオーダー可能となっています。

アウトドアでも使えちゃうので、キャンプで好きな映画を見る、なんて贅沢するのもいいかも?

キャンペーン終了まで残り6日となりますので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> 投影画面を操作できるインタラクティブ機能搭載のプロジェクター「IMK96+」のオーダーはこちら

Image: ADRICH

Source: machi-ya, YouTube