日々生活していると、「今の瞬間を映像で残しておきたい!」と思う場面によく遭遇します。最近は手軽にスマホで動画を撮ることもできますが、動くものの撮影だとどうしても手ブレが気になる…。

思い出をよりキレイに保存しておくためにも、ピントのズレを簡単に抑えることができるカメラがあればいいのに、と思ったことはありませんか?

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「GimbaLuce」は、ジンバルシステムを搭載したハンドヘルドカメラ。片手で持てるほど軽量なので、素人でも簡単にプロ並みのブレない動画を記録することが可能です。

こちらのプロダクトのキャンペーンが終了目前となりましたので、もう一度チェックしましょう!

ブレを抑えるジンバルシステム

Image: AOI trading

ジンバルシステムとは、ブラシレスモーターの力でカメラのブレを制御するシステムのこと。

センサーで被写体を感知しながらカメラ自体がチルト・パン・ロールという3つの軸で自在に動くので、ブレない動画撮影が可能になります。

動いている人やものを追いかける動画でも、終始ピントがズレません。

カメラが本体に固定されたスマホや家庭用ビデオカメラでは難しい技術なので、嬉しいですよね。

1200万画素のカメラとしても使える

Image: AOI trading

「GimbaLuce」のカメラは、驚きの1200万画素。

シャッタースピードは最速1/1000秒でIOS感度も1600あるので、コンマ1秒以下の世界でも鮮やかに切り取ることができます。

一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

また、動画撮影速度は4Kで30fps、フルHDなら60fpsです。

スピード感がありつつも滑らかな映像を、4K対応のテレビで思う存分楽しめます。

記録しておきたい思い出がたくさん生まれそうな旅先などでは、絶対に手放せませんね。

単一電池よりも軽い

Image: AOI trading

コンパクトなデザインの「GimbaLuce」ですが、重さはたったの134g。

片手で長時間持っても疲れませんし、電源のオンオフからシンバルの設定まで、カメラを握ったまま指先ひとつで操作ができます。

軽量で使い方もシンプルなので、女性や子どもでも扱いやすいですね。

Image: AOI trading

被写体は1.4インチの液晶画面で確認が可能。スピーカーも内蔵されていて、どんな映像が撮れているかがすぐに分かります。

タッチパネル対応なので撮影モードの切り替えなど、液晶画面で確認しながら設定できますよ。

スマホでリモート撮影もできる

Image: AOI trading

「GimbaLuce」は、スマホに専用アプリをダウンロードしてWi-Fiを使うことで、リモートコントロールができるようになります。

撮影している映像はスマホ画面で確認できます。

底の部分には1/4インチのネジ穴もあるので、三脚に取り付けて使えば大空の定点観測などにも大変便利です。

撮った動画はデータで送信できるので、すぐにSNSにもアップできますね。

「GimbaLuce」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では、超超超早割38%OFFで1個25,900円(送料込)からオーダー可能です。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「GimbaLuce」のオーダーはこちらから

Image: AOI trading

Source: machi-ya