背中が大きなキャンバスになったら、楽しくありませんか?

通勤に、ジム通いに、街歩きに、毎日長い時間背負っているリュック。ただ荷物を運ぶだけではもったいないですね。

せっかく背中に広いスペースがあるのだから、自己表現の場として活躍してもらいましょう。

そんな遊び心を実現してくれるのが、姉妹サイトmachi-yaに登場した、自分でデザインして光らせることのできるリュック「PIXOO(ピクソー)」です。

Image: MikestarLLC

「PIXOO(ピクソー)」はアプリと連携して光るネオンリュックです。専用アプリをスマートフォンにインストールすれば、自分で描いたイラストやアニメーションをリュックのパネルに表示して、楽しく遊ぶことができます。

日常的に持ち歩くリュックがデジタルなキャンバスになるとしたら、いろんな使い方が頭に浮かんできませんか?

Image: MikestarLLC

スポーツジムでエクササイズをするときに、大きくて見やすいタイマーとして使うなんてことも。激しい運動をしている最中でも、これだけ大きい画面ならすぐにタイムがわかります。目立つので、人から声をかけられるかも。ジムの仲間づくりにも貢献しそうです。

Image: MikestarLLC

なんとゲームまでできちゃうんです。みんなで外にいるときに、思いつきで突然ゲーム大会!なんて使い方も楽しそうです。

Image: MikestarLLC

邪魔されずに静かに眠りたい時に。人が集まってきて逆効果になりそうですが…。

Image: MikestarLLC

PIXOOはネオンリュックという名のとおり、暗い夜ほど良く映えます。夜のイベントで目立ちたい時、テンションを上げて遊びたい時に、ユニークな活躍をしてくれそうです。なんといってもユーモラスで話題性があるので、これをきっかけに知らない人とも仲良くなれそうです。

リュックとしての基本機能もしっかり

Image: MikestarLLC

PIXOOは、遊び心だけではありません。収納力はもちろん、リュックとしての基本機能もしっかりと備えています。パソコン用スリット、7個のポケット、ドリンクホルダー、キー専用ホルダーにイヤホンホールなどを装備。これなら、通勤や普段使いのリュックとして十分に活躍してくれそうです。

Image: MikestarLLC

スーツケースのハンドルを通すこともできるので、旅行のサブバッグとしても使えます。こうしたディテールが意外と便利なんです。

Image: MikestarLLC

ネオンを光らせなければ、ビジネスシーンにも普通に使えそうです。シンプルだからこそ逆に、このリュックが光りだしたときのインパクトを想像すると、楽しくなってきませんか?

何か話題になるようなグッズが欲しかった、そんな人には、背中がキャンパスになるこのネオンリュック、オススメです。

ネオンリュック「PIXOO」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを開始し、執筆時点で限定50個が20% OFFの15,840円(送料込)からオーダー可能となっています。キャンペーンは残りわずか。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> 自分でデザインして光らせられるネオンリュック「PIXOO」のオーダーはこちらから

Image: MikestarLLC

Source: machi-ya