新型コロナウイルスの感染が怖いから最近ジムには行っていない。

そんな友人知人たちが皆、走り始めています。

野外を走るランニングならいわゆるクラスターになり得ないだろう。

さらには、暖かくなってきて、外を走るのも気持ちいいから、というのが大きな理由のよう。

そこで今回は、ランニングの初心者や久々に走り始める人が知っておきたいランニングの基本ポイントや走る際の注意点などをまとめてみました。

快適なランニングのために準備する

初心者から経験者まで、ランニングの基本をおさらい 夏の暑さも一段落する9月は、ランニングをはじめるのに最適です。この機会に、読者の皆さんと一緒に、ランニングの仕方をおさらいしたいと思います。ケガや運... https://www.lifehacker.jp/2018/09/this-september-lets-run-or-walk.html

ランニング前にはストレッチを

ランニング前10分間のダイナミックストレッチ6種でケガを防ぐ 運動強度の大きいランニングは、長く続けていると体にかなりの負担がかかります。そのため、ランニング前に簡単なストレッチをして、筋肉や関節の準備を整える... https://www.lifehacker.jp/2018/11/179982-6-dynamic-stretch-before-running_mylohas.html

ランニングシューズやウェアの選び方

スポーツをはじめたら、シューズやウェアを買う前に気をつけたい3つのこと 品質の良いものにはお金がかかります。新しくスポーツを始める時、自分が本当に気にしたい機能が具体的にどんなものなのかわかりません。高価なものを買っても... https://www.lifehacker.jp/2019/02/buy-the-cheap-thing-first.html

ランニングを続けるためのスケジュールの組み方

ランニングの上達に欠かせない3つのステップ 休息日は重要ですが、ランニングにはどのぐらい重要なのでしょうか? 初心者向けプログラムの多くは、週3日のランニングからスタートします。「次のランニン... https://www.lifehacker.jp/2019/06/is-it-okay-to-run-every-day.html

ケガを予防するポイント6つ

ランニング初心者のためのケガ防止法6つ ランニングは、シューズさえあればできる最もシンプルな運動ですが、慣れていないと身体にそれなりの負担がかかることも事実です。ランニングコーチとして多く... https://www.lifehacker.jp/2019/05/how-to-avoid-injuries-as-a-beginning-runne.html

走るのがしんどすぎたら

最初の「10分間」だけ頑張ろう。「ランニング」が辛くて挫折しそうなときの対処法 ランニングはとても大変ですが、苦労するだけの価値があるから皆頑張ろうと思うのです。ランニングを終えた時には達成感を味わえるし、体も丈夫になり、持久力... https://www.lifehacker.jp/2018/09/what-to-do-when-running-is-hard-and-it-sucks.html

夜ラン派が気をつけること

冬は特に要注意! 安心して夜間ランを楽しむ3つの安全対策 冬の朝のランニングで最悪なのは寒さではなく(防寒対策は知っているので)、むしろ暗さです。冬至の後でも、日の出はまだかなり遅く、夕方も同じように明るい... https://www.lifehacker.jp/2019/02/how-to-run-in-the-dark.html

こんな病気があることを覚えておく

かかとが痛むなら「足底筋膜炎」を疑おう 私がランニングというスポーツに出合ったのは、ずいぶんと大人になってからでした。2人の子どもが相次いで生まれたことで、心身の健康を損なったからです。地... https://www.lifehacker.jp/2019/04/how-to-relieve-the-hellish-pain-of-plantar-fasciitis.html

ランニングをステップアップする方法

あなたのランニングを飛躍的に向上させる方法、知っていますか? https://www.lifehacker.jp/2015/08/150812_running_method.html

走って、ストレス耐性をつけよう

悩んだら、走るんだ! 習慣的な運動はストレス耐性を高めるとの研究結果 https://www.lifehacker.jp/2013/08/130829regular_exercise.html

春はもうすぐ。

在宅勤務で体が鈍りがちな人にも、今はランニングが最適解かもしれません。

Image: Shutterstock