容器包装リサイクル法の改正により、2020年7月より、プラスチック製買物袋の有料化がスタートします。それに伴い、エコバッグの普及が加速化。誰もがエコバッグを使う時代が到来しようとしています。

既に多くのメーカーからさまざまな種類のエコバッグが発売されています。

ですが、「とにかく安いものを」の視点でなく、「長く愛用したくなる」という前提で考えると、選択肢は絞られるものです。

今回は、そんな条件を満たす、機能・使い勝手の点で優れたエコバッグを2つ紹介します。

持ち手にシートベルト素材を使用した主役級エコバック「Anytime tote」

「Anytime tote」(通常版Mサイズ) Photo: UDN Trading

現在、クラウドファンディングサイトのMakuakeにて展開中で、2千人以上ものサポーターがついた話題のエコバッグが「Anytime tote(エニイタイムトート)」です。

海外では既にKickstarterなどで大きな販売実績を出しており、ユーザーから高い評価を得ています。

従来のエコバッグにはない最大の特徴は、持ち手にシートベルトと同じ素材を採用、通常のエコバッグより持ち手幅が広く人間工学に基づいた設計で、長時間持っても疲れにくいことです。

また、発色が非常に美しく見栄えの良さにも貢献。

持ち手の真下には、小銭などが入るミニ収納スペースがあります。そして、ゴムのリングがついていて、持ち歩くのにも便利です。

超軽量なのに、しっかり耐久性も

シートベルトと同じ素材の持ち手 Photo: UDN Trading

サイズはMサイズとLサイズの2種類。

重さはMサイズが34.5g、Lサイズは39.5gと非常に軽量にも関わらず、Lサイズで2Lペットボトルが6本入る大容量。耐荷重は30kg(Mサイズは25kg)もあります。

クルッと巻いてコンパクトに持ち運べる

使わないときは、ズボンのポケットに入るほどの小ささに Photo: UDN Trading

使わないときは、クルクルと巻いて小さくでき、ズボンのポケットに入るほどコンパクトに。

逆に使用するときは、マジックテープをはがして瞬間的に展開できます。

バッグ本体のカラーはブラックなので、勤務先からの帰りの買い物、また出張や旅行、スポーツなど幅広いシーンで使えそう。

撥水・速乾素材なので雨の日でも安心、汚れても丸洗いできます。

価格は通常版Mサイズが2,365円、Lサイズが2,849円(いずれも税込)。

限定版Mサイズが3,025円、Lサイズが3,515円で、Makuakeで数量限定最大10%オフで購入可能。

クラウドファンディングの終了日は、2020年3月30日なので、興味がある方はサイトをチェックしてください。

国内外で7万枚以上売れている世界最軽量の「NANOBAG」

「NANOBAG」(ジオメトリック柄、右上に見えるのはたたんで収納したもの) Photo: 鈴木拓也

「NANOBAG(ナノバック)」は、米国のTipTop Things LTD社が開発した商品で、海外では5万枚以上、日本国内では総合輸入商社A-Tradeが取り扱っており、2万枚以上の売れ行きを記録しています。

こちらも、KickstarterやMakuakeでブレークしたエコバッグで、厚さ0.05mm、重さ22gとまさに世界最軽量。たたむと手のひらサイズに収まります。

色柄は14種類と豊富にラインナップ

「NANOBAG」の色・柄は全部で14種類 Image: A-Trade

当初は、ブルー、グレー、ブラックの単色のみのラインナップでしたが、先ごろ新たに11種の柄が加わって、全部で14種の色・柄のバリエーションがあります。

形状は、トートタイプ、ミニトートタイプ、リュックタイプ、斜め掛け用の4タイプの展開。

軽いのに耐久性も抜群!

重い荷物を揺らしながら持ち歩いても伸びない丈夫な素材 Photo: 鈴木拓也

髪の毛ほどの薄い素材ですが、耐荷重は30kgもあります。

試しに、2リットル入りペットボトル2本とオレンジ5個を入れて、長時間揺らしながら持ち歩いてみましたが、バッグが伸び切ってしまうといったことはありませんでした。

持ち手は幅もあって触り心地がよく、疲れにくいのも特長です。

素材には、リップストップナイロンという、ナイロンを格子状に編み込んだ特殊な材料を用いているため、伸びにくく、破れにくい構造になっているのだそう。

もちろん撥水機能も備わっています。

価格は柄・タイプによって異なりますが、単色のトートタイプで2,035円(税込)となります。

現在、LOFT(30店舗)や東急ハンズ(48店舗)で販売中。ネット通販では、公式オンラインショップとRakutenオフィシャルストアより購入可能です。

高機能エコバッグあれこれ

ガバッとひらいて一気にたためるエコバッグなら、時間もレジ袋も無駄にしない この細長〜いやつ、エコバッグなんです。レジ袋廃止の動きが本格化してきた、今日この頃。エコバッグを使うのはいいのだけど、たたむのが面倒なんですよね。M... https://www.lifehacker.jp/2020/02/amazon-marna-shupatto-ikkini-tatameru-ecobag.html 手のひらサイズのポーチがバックパックとトートバッグに変身、軽量で大容量 お出かけ先や旅行先で、予想以上に荷物が増えてしまうことってありますよね。お土産をたくさん買ってしまったり、汚れ物ができてしまったり。もうひとつカバン... https://www.lifehacker.jp/2019/08/amazon-franc-moi-folding-2way-bag.html ビジネスシーンで違和感なく使えるエコバッグ【今日のライフハックツール】 https://www.lifehacker.jp/2017/02/170208_lht_biz_eco_bag.html

Source: Makuake,NANOBAG,NANOBAG楽天ストア

Photo: UDN Trading,鈴木拓也