ペーパーレス化が進み、紙の状態で保管・携帯する仕事の資料はかなり少なくなっています。

進行中のプロジェクトすべての書類をまとめても、それほど多くはならないないはず。

そんな紙の資料をすっきり収納できて手軽に管理できる、スタンドホルダーをご紹介します。

クリアファイルごとザックリ入れるだけ

Photo: sato

ニーズに応えるオフィスツールを手掛けるLIHIT LAB.の「ALTNA スタンドホルダー」。

Photo: sato

開いて右側が3つのポケットに分かれており、そのまま書類を挟んでもいいし、クリアホルダーごと入れることもできます。

ホルダー自体とても薄いのですが、最大コピー用紙100枚を収納可能。3プロジェクトの資料を分けて収納、ということができます。

ほとんどの資料はデータ化してPCで閲覧することがほとんどで、必要な紙の資料はここに収まるくらいという場合が多いのではないでしょうか。

もらった資料をクリアホルダーごと入れるだけなので、書類をザックリと整理したい人にも向いています。

デスクに立てておけるから何かと便利

Photo: sato

ホルダーのフチには、滑り止め付き。

開いた状態で表紙をクルッと山型に折ると、この滑り止めのおかげでデスクに自立します。

Photo: sato

クリアなので資料を入れた状態でもはっきりと読むことが可能。

資料を見ながらPCに打ち込んだり、スペースが狭いカフェのテーブルでの作業でも役立ちます。

Photo: sato

仕事中は立てた状態で置いておけば、書類を探す時もスムーズです。

バッグの中も在宅ワークもすっきり

Photo: sato

私の場合、ノートPCとこのホルダーだけあれば、たいがいの仕事ができてしまいます。

Photo: sato

ミーティングなどで外出する時もバッグの中はすっきり。

表紙と裏表紙はかなりしっかりした素材なので、バッグの中で資料が折れてしまうこともなく、ゴムバンドで留めればたくさん挟んでも開いてしまうこともありません。

在宅でのデスクワーク中も、データ以外の資料はこのホルダーに入っているので、すぐに探して参照することができストレスフリー。

Photo: sato

左側の透明ポケットには、スケジュールなどすぐに確認したい資料を挟んだり、その日に作業中の資料を挟んだりと、便利に使えます。

ありそうでなかったALTNA スタンドホルダー、ワークシーンでの使い勝手をかなり考えられたアイテムです。

Pushリヒトラブ ALTNA スタンドホルダー 自立する薄型ホルダー A4 オリーブ F-7770-22 【まとめ買い3個セット】

2,980円

あわせて読みたい

13インチのノートPCも入る、収納力抜群の自立型バッグインバッグ【今日のライフハックツール】 リモートワーク、フリーアドレス制の会社が増えたことにより、ノートパソコンやタブレットを使って、自宅や、カフェ、共用ワークスペースで作業する人も多くな... https://www.lifehacker.jp/2020/04/lht_altna-carryingplate.html ポケットサイズで使いやすい。A4資料もきれいに収まる賢いノート【今日のライフハックツール】 言われたことや思いついたことをすぐに書き込むメモ帳は、手のひらサイズでポケットに入れられるものを、常に持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。た... https://www.lifehacker.jp/2020/05/lht_plus-cacrea.html 紙もインクも電池も使わない、半永久的に書ける不思議なメモボード【今日のライフハックツール】 企画書づくりや、文章を執筆する時に考えがまとまらないことや、客先や仕事のミーティングの時に口だけだとなかなか伝わらないという経験がある人は多いでしょ... https://www.lifehacker.jp/2020/04/lht_plus-kaite.html

Source: LIHIT LAB.