最近、外食もなかなかできず、家でご飯を食べることが増えてきました。この機会に、カトラリーを見直してみてはいかがでしょうか? 今よりも質の良いものを選べば、普段の食卓もグレードアップし、気分も上がりますよ。

一生使えるチタンのカトラリー

Image: Thingyfy

machi-yaでクラウドファンディングを開始したチタンのカトラリー「Ensō 2.0」。2019年にmachi-yaで500人以上の支援を集めた「Ensō」の進化バージョンです。

従来のスプーンやフォーク、箸と一線を画すのが純チタンを使っている点。チタンはとても軽く扱いやすいにも関わらず、強度が高く腐食しにくいのが特長です。サビにくく、壊れにくいので、一生ものとして長く使用できるカトラリーなのです。

ミシュラン掲載店のシェフにも認められる実力

Image: Thingyfy

人によって感じ方は違いますが、ステンレス製のナイフやフォークを口に入れると「金属の味」を感じて気になってしまうことがあります。一方、純チタン製の「Ensō 2.0」のカトラリーは、金属の味や金属臭を感じることがなく、食べ物の本来の味を邪魔することがありません。

チタンカトラリーの実力は、ミシュラン掲載店のシェフにも認められているほどです。

「Ensō 2.0」が他のチタンカトラリーと異なる理由

Image: Thingyfy

チタン製品はここ数年で徐々に増えてきました。「Ensō 2.0」は、クラウドファンディングで2800万円以上の支援を集めたチタン製の水筒を売り出した「Ti22」がデザインと製造を手掛けています。チタン製品に定評のあるブランドなので安心感が違いますね。

「Ensō 2.0」は表面の光沢が美しく、チタンとは思えない高級感があるのが大きな魅力です。家で過ごす時間が増えている今だからこそ、カトラリーを新調して食事体験を充実させるのはアリじゃないでしょうか?

現在支援を受付中!

Image: Thingyfy

「Ensō 2.0」は現在machi-yaで支援を受付中。箸だけなら3,600円から支援が可能。その他、フォークやナイフなどがセットになったものや、チタンのストローなどのリターンも用意されていますよ。

キャンペーンは残りわずか。気になっているなら最後のチャンスですよ!

>>超軽量で天然由来の抗菌力!光沢仕上げの純チタン製カトラリー「Ensō 2.0」

Image :Thingyfy

Source: machi-ya