私は、ワイヤレス充電器のGoogle Pixel Standを愛用しています。

その使い心地は、AndroidでもiPhoneでも抜群です(そうです、私はどちらの充電にも使っているのです)。

同じようなワイヤレス充電スタンドはたくさんありますが、私の体感では、Pixel Standが最速です(Androidは10Wで、iPhoneはたぶん7.5Wです)。

そしてなんと、最新のアップデートのおかげで、Pixel StandにPixelを置いた状態でも、さまざまなスマートホームデバイスが操作できるようになりました。

Pixel Standのアップデートを伝える記事を最初に読んだとき、私は興味を少しそそられました。フィジカルなスタンドをOTAでアップデートできるとは思えません。

その構造を考えると、どうすればそんなことができるのか見当もつきませんでした。

しかし、そうではありませんでした。新機能が追加されるのは、Android 11のPixel Stand機能だったのです。

Pixelでスマートデバイスを操作する設定方法

この新機能を使うのに、面倒な手順を踏む必要はありません。

最新のAndroid 11をインストールした対応機種(Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 5)の設定アプリを開きます。

接続済みのデバイスをタップし、Pixel Standを探します。その右にある歯車のアイコンをタップします。

Image: David Murphy

新しいオプションとして、いちばん下にホームコントロールが表示されるので、それをタップ。

Image: David Murphy

スライダーを使って、接続済みのデバイスをオンにします。

Image: David Murphy

すると、アカウントを追加のオプションが表示されるはず。

それをタップして、Google Homeに関連づけたGoogleアカウントを選びます。

最大4つのデバイスまで登録可能

Image: David Murphy

充電中にアクセスしたい接続済みのデバイスをタップして、追加していきます(最大4つまで)。

ただしこの機能は、複数のデバイスをグループ化している場合も、個々のデバイスにしか使用できません。

つまり、たとえば、スマート電球のアプリやGoogle Homeなどを使ってセットアップした「部屋」ではなく、個々の「電球」を選ばなければなりません。選び終わったら、オンにするの青いボタンを押します。これで完了です。あとは、いつもと同じようにPixelを使ってください。

Image: David Murphy

Pixel Standに戻しても、画面を1〜2回タップするだけでスマートホームを呼び出せるので、それをタップしてデバイスのオン/オフを切り替えられます。

あわせて読みたい

移動するだけで自宅の家電がON&OFF。スマートホームの新しいスタイル、GPS連携を試してみた 「OK Google、エアコンを消して」「アレクサ、リビングの照明をつけて」これまでは、音声で家電製品のON/OFFなどをコントロールしてきましたが... https://www.lifehacker.jp/2020/06/smarthome_gps.html

Image: YouTube

David Murphy - Lifehacker US[原文]