廣木隆一監督「撮れなくてもいい、と」

廣木隆一監督「撮れなくてもいい、と」

廣木隆一監督といえば、『ヴァイブレータ』(2003年・寺島しのぶ&大森南朋)や『さよなら歌舞伎町』(2015年・染谷将太&前田敦子)など、男女の情愛のもつれを描いた作品から、『オオカミ少女と黒王子』(2016年・二階堂ふみ&山﨑賢人)、『PとJK』(2017年・亀梨和也&土屋太鳳)といった少女コミック原作モノまで、幅広い作品で手堅い演出を見せる名匠。そんな廣木監督が手掛けた最新作『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日公開)は、郷里の福島の現在を、憤りを抱えながら逆に淡々と描いてみせた渾身の一作だ。

取材・文/春岡勇二

「撮れなくてもいいから、付き合ってくれ」(廣木監督)

──並木道に青白い霧がかかって、ずいぶんロマンチックな画から始まるなと思っていたら、霧の向こうから車が来て、なんと防護服を着た男たちが降りてきて除染作業を始める。この冒頭から「やられた」と思いました。

あの霧は本物なんですよ。撮影日の朝、行ってみたらあの霧がかかっていた。すごいな、と思いました。あの街路樹は桜で、シーズンには桜の名所として知られた場所なんです。初めはCGを使って桜が咲いている画にしようかと思ったんですが、自然の霧が素晴らしかったので、これでいいやとそのままにしました。

──いや、すごいです。あの霧を観て、ロマンチックだなと思っていたのが、その直後に除染作業が始まったことで、その霧自体の意味合いもまったく変わってしまいます。

そうなんですよね。意味を込めすぎたことになるのもどうかなとは考えたんですが、いい感じで収まってくれた気がしています。

──今度の映画は、監督が初めて書かれた同名小説が原作なっているのですが、原作の冒頭もこういったシーンからですか?

小説はずいぶん前に書いたので、すでに記憶が曖昧なところがあるのですが、おそらくこうでなかったと思います。これは映画の始まりとして考えたシーンですから。

──先に小説を書いて後に映画化するというのは、監督にとっても初めての試みなわけですが、今回はなぜそうされたのでしょうか?

僕は福島県郡山市の出身ですが、僕が東日本大震災に遭遇したのは、帰省のために乗っていた新幹線の車中だったんです。宇都宮で緊急停止したまま夕方まで閉じ込められて、11日は宇都宮のどこかの体育館に泊められたんです。そこで初めて津波のことを知りました。翌日、レンタカーを借りて福島に入って用事を済ませ、すぐに東京に戻ったのですが、やはり、どうしても東北のことが気になって。

──なるほど。

で、カメラマンに連絡して、「撮れなくてもいいから、とりあえず付き合ってくれ」と、宮城の方に向かったんです。そこに広がっていたのは、津波のあとの風景。同行した製作の女の子は泣いていましたね。それでも撮れるところを撮って帰ったのですが、どうにも気持ちの整理がつかなくて。当分福島の映画を作るのは、資金面でもそのほかの事情でも難航するだろうなと思ったので、先に小説という形でまとめてみようと。それで、もしできるのであれば、1千万円ぐらいの低予算で自主制作作品として映画化しようかという気持ちでした。

次「上辺だけならして、放ったらかしにされている」(廣木監督)

「上辺だけならして、放ったらかしにされている」(廣木監督)

──監督が自主制作でこの映画を作られていたら、それも面白そうですね。

今回の映画より、もっと過激なものになっていたかもしれませんね(笑)。あと震災後の風景といえば、もうひとつ強く心に残ったものがあって。今回の映画化のロケハンで福島県のいわき市に行ったのですが、ただただ平らに地ならしされた土地が荒涼と広がっているんです。ほとんど無機質な感じさえして、薄ら寒いというか。それを見て、震災に遭われた人の心も、同じようにされているんじゃないかと思ったんです。上辺だけならして、放ったらかしにされている。そのとき、今の福島のことを描かなくてはと強く思いました。

──だから、この映画には、震災後の町や人のことを描いたほかの映画には出てこない、例えば補償金で無為な日々を送っている人とか、放射能がらみの怪しげな壺を売る男とか、仮設住宅でバッシングを受けている原発の従業員とか出てくるわけですね。

すべて、被災地で実際に見聞きしたことです。なかでも印象に残ったのが、放射能汚染によって立ち入り禁止区域にされた場所にお墓があると、そこから骨を移すこともできないという事実でした。新しい場所に新しいお墓を建てても、そこに先祖伝来のお墓に眠る骨を持って行けないんです。劇中でも「そんな新しい墓になんの意味があるんだ」と麿(赤兒)さん扮する老人が怒るシーンがありますが、まったくだと思います。

© 2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会画像一覧

──あと、観ていて腹立たしかったのが、卒論のためだかなにかで、他府県からやってきて「実際に津波を目の当たりにしてどう思いましたか?」なんて平気で訊く女子大生。あれで自分は、社会的な「いいこと」をしている気になっている。

あのシーンは撮っていて面白かったですね。女子大生役の小篠恵奈が役にハマっていて。質問を受ける側の柄本時生の芝居も良かった。目が点になっててね(笑)。

──今回の『彼女の人生は間違いじゃない』では、主人公・みゆきが、普段は市役所で働いているのだけれど、週末には東京に出てデリヘルで働くという設定になっています。監督の映画『さよなら歌舞伎町』にも、よく似た設定の少女が出てきます。

主人公の妹が週末ごとに上京してAV出演していて、ラブホテルで働く兄と偶然会ってしまうというお話だったんですが、(脚本の)荒井晴彦さんに「この子は東北出身っていうことにしましょうよ」って提案したんです。そのときには、今度のヒロインを同じような設定にしようという考えはありました。

市役所に勤務しつつ、週末は東京でデリヘルで働く主人公・みゆき © 2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会画像一覧

──なぜ、彼女はそんなことをするのか、ですよね。『さよなら歌舞伎町』の少女は経済的な理由ですが、今度のヒロインは違う。答えは映画を観て考えることだと思いますが、ひとつ言えるのは、彼女にはそうしないと収まらない気持ちがあったということですよね。

そうだと思います。彼女は、愚痴まじりに震災のことを口にして働こうとしない父親を「いいかげんにして!」と非難しますが、実は震災にとらわれ、そこから一歩を踏み出せないでいるのは彼女も同じなんです。

──演じた瀧内公美さんは熱演しています。

難しい役なんだけど、一生懸命やってくれました。

──デリヘル従業員役の高良健吾さんを相手に、「どうしても働きたいんです」って怒ったような思いつめた顔で言うシーン、印象深かったです。

あそこは確か一発OKだったように思います。(高良)健吾がうまかったよね。瀧内の芝居をうまく受け止めてくれて。

「ここまできたらどんどん撮ってやろうと」(廣木監督)

「ここまできたらどんどん撮ってやろうと」(廣木監督)

──うまいと言えば、父親役の光石研さんも、隣の仮設住宅に住んでいる戸田昌宏さんもよかったです。

初めは、父親のシーンがもう少し多かったんです。でも、光石さんがうまいから、そのままだとお父さんの映画みたいになっちゃって。だから切りました(笑)。戸田さん、いいよね。彼は実力がもっと評価されるべき俳優だと思うな。

今や日本映画、ドラマ界に欠かせない存在となった光石研 © 2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会画像一覧

──それに今回は『恋人たち』(2015年)の篠原篤、『ケンとカズ』(2016年)の毎熊克哉と、廣木組初出演の顔もありました。

篠原は『恋人たち』とまったく違う印象で頑張ってくれた。毎熊は父親のパチンコ仲間の、漁師の青年なんだけど、ほんとに漁師に見えたよね。そうそう、あの毎熊が父親に頼まれて船を出すシーン。あそこで本当に船を出してくれたのは、本物の漁師の父子だったんだけど、そのご一家も、映画の主人公の父娘の家族と同じで、お母さんが波にさらわれたまま生死不明だと言っていた。あのシーンをどういう気持ちで協力してくれたのかと思うとなんとも言えないな。

──そうだったんですか。細かいところなんですけど、主人公の父娘が住む仮設住宅に、お母さんの位牌はなくて、写真だけが飾ってあるのも・・・。

そう、遺体が見つかっていないということを示しています。

「ここまできたらどんどん撮ってやろうという気持ち」と廣木隆一監督画像一覧

──ヒロインが東京に向かう長距離バスの車窓から見える、送電線をつなぐ鉄塔の群れ。あれは、あの先には発電所がある、ということですよね。

鉄塔のカットに交錯するように、積み上げられた放射能汚染土のカットを入れています。あれなんかも、シートを被せただけで放ったらかしにされている印象ですよね。どうするんだ、と。なのにまた原発を再稼働しようと言う。いったいなにを考えているんだ、と本気で思います。

──ほんとにそうですね。この映画を撮られて、監督のなかで故郷・福島について、一区切りついた感じでしょうか?

いや、区切りはついてないですね。むしろ、ここまできたらどんどん撮ってやろうという気持ちです(笑)。同じテーマの作品を、全然違う切り口で撮ってみたいですね。

関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索