稲川淳二も太鼓判、深夜に怪談グランプリ

稲川淳二も太鼓判、深夜に怪談グランプリ

全国各地から怪談師が集結する特番『稲川淳二の怪談グランプリ2017』(カンテレ)が8月6日に放送。トーナメント形式で決定する「最恐怪談」に、稲川は「間違いなく過去最高レベル」と太鼓判を押した。

北海道代表の怪談師・志月かなでは「毛無山」という北海道に実在する場所で自身の友人に起きた怪談を、東北代表の怪談師・黒木あるじは東北で有名な「即身仏」に関する怪談を披露。審査員の山口敏太郎は、「方言を上手に使っていて、地方色がでていた。いろんな味付けの料理を食べた感じ」と話し、そのレベルの高さを評価した。

すべて4Kで収録された、この怪談グランプリ。葉加瀬マイも「塩を胸元に入れてきたんですけど、ゾクゾクしちゃいましたね」と何かを感じた様子。この模様は8月6日・深夜1時から放送される(関西ローカル)。

関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索