映画『カメラを止めるな!』の適当プロデューサー役の女優「素は遠慮がち」

映画『カメラを止めるな!』の適当プロデューサー役の女優「素は遠慮がち」

大ヒットを飛ばしている映画『カメラを止めるな!』のテレビプロデューサー役で話題になった女優・どんぐり(竹原芳子)が、大阪の映画館「シネ・ヌーヴォ」(大阪市西区)でおこなわれたトークイベントにゲストとして登場した。

短大卒業後に証券会社や裁判所などの勤務を経て、50歳を過ぎてからNSCに入学したという異色な経歴を持つどんぐり。お笑い芸人、アマチュア落語家、女優として各方面で活動を続け、『カメラを止めるな!』の超テキトーなテレビプロデューサー役で映画初出演。わずかな登場シーン(撮影は1日だったとか)ながら、インパクト大の見た目と「アツアツやで!」の名セリフも耳に残るバリバリの大阪弁で、観客に強烈な印象を与えた。先月、吉本興業から「映画24区」に事務所を移籍し、竹原芳子からどんぐりに改名したばかり。

この日、「映画24区」製作の映画『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』上映後にゲストとして登場し、同作の安田真奈監督と「微熱 VS アツアツ」と題してトークをおこなうことに。遠慮がちな女子高生・若菜(堀田真由)が主人公の同作について、「どんぐりさんは『アツアツやで〜!』の印象がありますが、実は若菜ちゃんタイプなんですよね?」と監督が尋ねると、どんぐりは「そう、わりと遠慮がちなんですよ〜! 誘われたら断れないんですよ。・・・みなさんどうして笑うんですか!(笑)」と、意外な一面を披露し、明るいトークで会場を沸かせた。

最後に同作について、「高校生の話だけど、こういう人いるいる!って思ったり、お料理も全部おいしそう。ほんまに良い映画やと思います」とテキトーではなく心の底から絶賛したどんぐり。主人公・若菜(堀田真由)ら加古川市に住む女子高生の日常を、食を交えて描いた青春オリジナルストーリーの同作は大阪「シネ・ヌーヴォ」では19日まで、兵庫「元町映画館」では26日まで公開される。


関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索