圧倒的な存在感で魅せる女優・清原果耶「必死に食らいついていくしかない」

圧倒的な存在感で魅せる女優・清原果耶「必死に食らいついていくしかない」

ある日突然、人生のタイムリミットを告げられたトオル。失意のなか、旧友の龍也との再会と、偶然見つけた「詩」との出逢いによって、生きる勇気をもらったトオルは、全力で恋と向き合おうとする。しかし、ようやく巡り会った運命の少女・凪は、ある秘密を抱えていて・・・。GReeeeNの名曲『愛唄』を映画化した『愛唄 —約束のナクヒト—』。そこで天才詩人・凪を演じるのが、圧倒的な存在感で魅せる16歳・清原果耶だ。そんな彼女に映画評論家・ミルクマン斉藤が話を訊いた。

取材・文/ミルクマン斉藤 写真/木村正史

「役として現場にいるときの距離感を大切に」(清原果耶)

──波瑠さんがヒロインをつとめた朝ドラ『あさが来た』に出演以来、ほとんど追っかけのように拝見しています。あれがドラマ初出演なんですよね?

はい、そうです。

──当時、それを知って「天才出現やん!」と思ったものですが、今回の『愛唄 —約束のナクヒト—』でも天才肌の少女詩人役ですよね。自らの敏感な感受性を、美しい言葉に託す凪という役を演じるのに、どんな演技プランを立てられましたか?

詩を書く女の子が発する言葉のひとつひとつには、どうしても意味が籠ってしまうと私は思っていまして。凪が発する言葉のひとつひとつを自分自身も消化してから相手にぶつける、投げかけるという作業を大切にしました。

──清原さんは「台本読むたびに泣いていた」ということですが、それは凪というキャラクターとの近似性によるものなのか、また別のところに因るものなのでしょうか。

う〜ん、そうですね・・・似ているというよりも、私は凪に出会うまで、時間より人生の密度の方が大事だとか、一瞬を大切にする素晴らしさに気付かなければいけないとか、そういうことを深く考える機会がなかったので、大切なことを教えてもらったという感じでしょうか。

──なるほど。

でも、台本全体に心を動かされたというのが一番大きいかな? 毎日、自分の感受性の幅が広くなったり狭くなったりするので、そのたびに「今日はここで感動した」というポイントがたくさん出てきて毎回泣いてしまったというようなことでしょうか。日々の自分の感性に寄り添ってくれるような、そんな距離感を持った脚本だったんだなと最近は思います。

──今回の役柄は年齢も等身大に近いでしょうしね。これまでの清原さんのお仕事は、名だたるベテラン演技者さんのなかで孤軍奮闘していたという印象もあります。なんせデビューからいきなり三宅弘城さんですもん。

『あさが来た』では、三宅さんにたくさん助けていただきました。朝ドラでお芝居にどっぷりハマりだしてから、本当にいろいろな役を経験させていただいて。ただ、私自身はいただいた役にのめりこんで、必死で食らいついていくしかないと思って作品に向き合っているので、実際の年齢とかよりは、役として現場にいるときの距離感とか、そういったものを大切にしたほうが良い作品ができるのかな、と最近は考えているんです。

「恵まれた環境でお芝居をできている」(清原果耶)

──それにしても、2018年のNHKドラマ『透明なゆりかご』では、原田美枝子さんや水川あさみさん、田畑智子さんら錚々たるベテランさんや、近い年齢でもモトーラ世理奈さんや蒔田彩珠さんらに対して一歩も引いてない。

いやいや、そんなことないです。初めて主演という立場で作品に携わらせていただいたので、責任感やプレッシャーがすごく私の重荷になっていて。本読みで初めてキャストのみなさんとお会いしたときも、不安頭がいっぱいで「え、あ・・・清原果耶です」みたいになってしまい、自分でもどうなることかと思いましたけど。

──清原さんといえども、そうなるんですね。

ですが、現場のスタッフさんやキャストのみなさんが気にかけてくださって、本当に恵まれた環境でお芝居をできているんだなっていうことを実感しました。ですから、序盤で責任感やプレッシャーはどこかに置いて作品を作ることに集中できたので感謝しています。

──しかし『透明なゆりかご』は2018年に観たなかでナンバーワンの密度の濃いドラマでしたね。この『愛唄 —約束のナクヒト—』も含めて、命に関わる作品が続くな、という感じがありませんでしたか?

いや、ありました。この1年間、そういった命の重さや生きることの大切さがテーマの作品に携わらせていただく機会に恵まれて。今16歳なんですけど、この年代でそういう作品に参加させていただくことってこれからの自分の経験値になっていくんで、本当に充実した年になったなとは思いますね。



──話は変わりますが、『愛唄』では清原さんの歌声が最後に聴けますよね。『デイアンドナイト』では野田洋次郎(RADWIMPS)さんによる主題歌も歌われてますし、CMでの『365歩のマーチ』も聴くものの心を解放させてくれる素晴らしさでした。音楽の面にもこれから進出していかれるのかな、って。

いや、自分でもいまだに信じられないくらいです。『愛唄 —約束のナクヒト—』だったら劇中で私の歌が流れ、エンドロールでは出演者と劇中歌で2回も「清原果耶」って出てきて。映画『デイアンドナイト』では、まさか主題歌を歌わせてもらえることになるなんて、まだ実感が湧いてないんです。本当に夢のような経験をさせていただいたなぁという風には思いますね。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索