朝ドラ『スカーレット』第48回(11月23日)・八郎が喜美子へ苛立つ理由

朝ドラ『スカーレット』第48回(11月23日)・八郎が喜美子へ苛立つ理由

女性陶芸家として奮闘するヒロインの半生を描くNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第48回(11月23日放送)では、新聞の取材を受けた喜美子に波紋が及ぶ。

「信楽初の女性絵付け師」として、新聞紙面を飾った喜美子(戸田恵梨香)。会社の若旦那・敏春(本田大輔)のアイデアでニックネームも付けられ、アイドルのように担ぎ上げられる。

しかし記事には、肝心の絵付け師としてのキャリアや師匠の深野(イッセー尾形)への言及もなく、社内では波紋を呼ぶことに。さらになぜか、新入社員の八郎(松下洸平)が喜美子に苛立ちを見せ・・・。

21歳に成長したヒロイン・喜美子の、火鉢の絵付け師として歩み始めた姿が描かれた第8週。放送は、2020年3月28日までの全150回。


関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る