『第5回 上方漫才協会大賞』の発表が1月13日におこなわれ、『M−1グランプリ2019』で優勝したミルクボーイが、話題賞を受賞した。

授賞式では内海が、「本当に人気も出てきまして、西のEXITとしてやっていきたい。これから角刈りのカクチーで頑張ります」とボケると、駒場も「僕は筋肉のキンタローで」と自慢の筋肉をアピールし、会場は大爆笑に包まれた。

協会会長の中田カウスがトロフィーを手渡し、「非常にレトロな匂いがして、でも新鮮だった。我慢と辛抱で諦めず頑張ったのが今日」と激励。ミルクボーイの2人も大きくうなずいた。

話題賞は2019年に各メディアで話題となり、上方漫才の発展に貢献したコンビに送られるもの。今回はM−1優勝で話題を集めたミルクボーイに加え、音曲漫才のスタイルを確立させ、NGKの単独ライブではチケット・グッズが完売になる勢いを見せたラニーノーズも受賞となった。

取材・文・写真/岡田由佳子