2人の青年の恋愛を題材とした今泉力哉監督の最新作『his』の舞台挨拶が17日、大阪市内でおこなわれ、宮沢氷魚(ひお)と藤原季節が登場した。

2人は役作りのために10日間共同生活をして仲を深めたといい、藤原は「24時間一緒にいたからこそ、氷魚がいないときをより感じるというか。存在の大きさって、いなくなって初めて知るんだなって思いました」と振りかえった。

藤原は、宮沢について「すごくピュアで、なんてストレートで裏表がないんだろうって感動するんです。それと同時にうらやましさを感じて。僕は物事をこねくりまわして考えちゃう人間なんです。そういう風にうらやましいと感じる気持ちが渚にもあったんじゃないかな。発言が軽かったりするんですけど、その裏側にある弱さが僕とすごく似てるなと思う」と、自身の役柄についても語った。

一方で宮沢は藤原について、「季節くんはとにかく熱い男で、すごく真剣に物事に向き合う人。台本もたくさんメモ書きをして、ボロボロになってて。これだけ作品に向き合ってる人って素敵だなって、同じ役者としてこうでありたいと思いました」とベタ褒めし、お互い信頼し合っていることを明かした。

周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと田舎で暮らす迅(宮沢)と、迅の元恋人・渚(藤原)が8年ぶりに再会し、親権獲得や周りの人々への理解を求めて奮闘する姿を描いた本作は、1月24日公開。