俳優の岸谷五朗・寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」が、主演・新田真剣佑(あらたまっけんゆう)で結成25周年記念公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』を東京・大阪で今春上演。大阪市内でおこなった会見で、2人の親密な関係について語った。

以前所属していた劇団(スーパー・エキセントリック・シアター)時代を含めると、35年もの付き合いとなる2人。お互いの関係について寺脇は「ますますのラブラブぶりでございます(笑)」とあっけらかんと話す。

芝居を作るうえでも、一度もケンカしたことがないと言い、「全然人間性は違うけど、やっぱり『いいなあ』と思うことが変わらず同じ。どうあろうが別れられるはずがないです」と熱く語った寺脇。それを受けて岸谷も、「僕も負けないぐらい(寺脇が)好きです」と笑顔で答えた。

また、25年という長さについて2人は、「ゴージャスを結成したとき、まだ(23歳の)真剣佑は生まれてないんですよね。本当に一瞬というか、考える余裕もないうちに25年が経った感じです」と感慨深げ。

長続きの要因として岸谷は、「重いテーマはあるけど、笑いもありますし、何よりも『明日元気出して仕事しよう』と思ってもらえる、非常に前向きな世界」と自ら評した。

大阪公演は5月3日〜14日に「フェスティバルホール」(大阪市北区)にて。チケットはS席12500円、A席10500円、B席8500円(現在発売中)。

取材・文・写真/吉永美和子