2月23日からスタートする賀来賢人主演の新ドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS)。そのエンディング主題歌を、楽器を持たないパンクバンド・BiSHのアイナ・ジ・エンドが書き下ろした。

WEBサイト『日刊SPA!』で人気の連載エッセイから「恋愛エピソード」を中心に再構築した小説『死にたい夜にかぎって』(原作:爪切男)を実写ドラマ化した同作は、女性に振り回され続けた、どうしようもない男の実録半生が描かれる。

今回、原作のファンで、原作者の爪切男との対談や、同作の文庫本化にあたり解説文を執筆したアイナが、ドラマサイドからのラブコールに応える形で、楽曲の作詞作曲を手がけた。

アイナは「人生初めての『曲の書き下ろし』をさせていただきました。みなさまの耳に、どう馴染んでいってくれるのか、とてもドキドキしております」とコメント。楽曲は2月25日にデジタルシングルとして配信される。

賀来賢人が主演の小野浩史役、山本舞香がヒロイン役として出演する同ドラマ。追加キャストとして、浩史が密かに想いを寄せる新聞配達員役に堀田真由が決定した。初回は、2月23日・24時50分から放送される(TBSは25日・25時28分から)。