代表曲『U.S.A.』の「いいねダンス」など、誰もがひと目見ただけで踊れる振付を発表し続けるDA PUMP。3月25日リリースの『Heart on Fire』では、アメリカで流行し、ハッピーな気持ちを表すときにやる「つり革ダンス」を取り入れている。

電車のつり革を持つときの動きをモチーフにしたこの振付は、誰でもできるお手軽なダンスだ。しかしDA PUMPは、卓越したスキルを各自が持っているグループ。「誰でも真似ができる」という打ち出し方についてどのように考えているのか。来阪したメンバー全員に話を訊いた。

取材・文/田辺ユウキ 写真/河上良

「自分たちのエゴだけではダメ」(YORI)

──『Heart on Fire』のつり革ダンスは、TOMOさんが渡米した際に目にした振付をモチーフにしているんですよね。

TOMO「僕はアメリカで何が流行っているのかその目で見たいので、意識的に渡米する機会を設けているんです。つり革ダンスはSNSでも見たことがあったのですが、実際に目にして『今回の楽曲のノリの良さやテンションにハマるんじゃないか』と感じました」

KIMI「その動き自体は、自分も友だちがSNSでやっているのを見たことがあったので知っていたけど、あれを現地で吸収して取り入れる、TOMOくんの感覚がすごいと思う」

U−YEAH「海外の人は、誰もが自分の感情表現として自然にダンスを踊るけど、日本はまだまだ抵抗があって、『ダンスを習っているかどうか』みたいな分け隔てがあるような気がする。そのなかでDA PUMPの踊りは真似してみたいと思わせる・・・やっぱりTOMOさん、やばい!」

DAICHI「『U.S.A.』(2018)のいいねダンス、その次の『桜』(2019)でのサクラフィンガー、『P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜』(2019)のバイーンダンスなどがあって、今回がつり革ダンス。どんな年代の方たちでも覚えられるし、踊れる。さすがTOMOさんはすごいな〜って!(全員うなずく)」

TOMO「(笑)」

──(笑)。でもDA PUMPへの驚きってそこなんですよね。従来のダンスグループは誰もマネができないアクロバティック性を売りにすることが多いですが、『Heart on Fire』は「2秒で誰でも真似ができる」というようなキャッチコピーですよね。DA PUMPに圧倒的な技術があることは誰もが前提として分かっているけど、それでも「自分たちの踊りはみんな簡単にできる」と言えちゃう部分がすごい。

TOMO「高い技術力を魅せたいという思考も現在もなくはないんです。スキルを打ち出したい気持ちは10年間変わらない。だけど『U.S.A.』以降、みんながもっと一緒にできること、それこそ『ダンスをシェアしていこう』という気持ちの方が強くなりました」

YORI「『U.S.A.』までの10年の時間があったからこそ、『Heart on Fire』でもこういう打ち出し方ができるようになった気がします。『U.S.A.』をきっかけに、お客さんが求めてくれていること、楽しみにしているものに応えていきたいという考え方になった。試行錯誤して、いろんな経験が混ざった形が、今なんです。それにみんなで一緒に出来るって、すごく素敵なこと。『自分たちはこれがやりたい』というエゴが強いだけではダメですから」

DAICHI「それでも、自分たちが純粋に見せたいことはちゃんとライブでやっているよね。覚えやすいダンスと楽曲があって、そのなかで自分たちが魅せたいものは表現しています。『U.S.A.』以降、そのバランスが良くなってきました」

「全員がちゃんと表に出ていることも大きい」(ISSA)

──今回のつり革ダンスも、ちょっとした上下の腕の動き。でもDA PUMPのダンスは、大きなライブ会場で遠くからでもきっちり伝わるものがある。そこが不思議なんです。あと、たとえばダンスコンテストなんかでは大きな動きをみんなが狂いなく揃えることが、趣旨としてあるじゃないですか。DA PUMPは揃っていなくても成立している。

TOMO「それについてはひとつ言えることがあって、楽曲に合ったグルーヴ感やテンションがメンバー全員で一致しているからなんです。そこが一番大きい。もちろんダンスにおいて動きの決まりはあるけど、僕らはそのなかで自由度や個性を出せるように余白を作っています。みんなはそこを『遊び』に使っているけど、ただ、グルーヴ感やテンションだけは何があっても合わせる意識は持っています」

ISSA「あと『U.S.A.』以降、それぞれのメンバーの存在が多くの人に認識してもらえるようになったことも理由として大きい。みんながちゃんと表に出ているからね。地道に培ってきたものと、今こういう環境に立たせていただいていることで生まれた、それぞれの自信。『U.S.A.』までに僕らがやってきたことは、すごく深いものがあった。だからこそ何があっても甘んじることなく、感謝の気持ちを忘れず全員が活動できているし、そこからにじみ出るものがダンスに表れているのかもしれない」

KENZO「ダンスにはいろんな動きや型があるけど、でも一番重要なのは、本人たちがどういう感覚で、どういう気持ちで、どういうエネルギーを人に伝えたいのかなんです。まさに身体表現。同じ振付でも『この人たちは違うな』と上手く見えたりする。それって、そういうこだわりが表現のなかにきっとあるからなんです」

KIMI「DA PUMPは楽しむということを前提にやっているから、内面的なものが自然と出ているのも理由のひとつかな。テレビに出演したら、友人から連絡が来るんですけど、みんな『めっちゃ楽しそうにやっているよね』と言ってくれる。僕は『うん、すごく楽しいよ』って。そういうものがきっちり伝わっているのかもしれません」

──『Heart on Fire』のダンスやMVには視覚的な中毒性があります。一方で楽曲のメッセージ部分も良いですよね。「もう二度と傷つきたくない」「逃避は癖になり面倒くさい」という内容については、つまりは何度か傷ついたり、逃げ出したりした経験があるからこそいえる言葉ですよね。

ISSA「そしてその後に、『だから “いつか”じゃなくて “ナウ”!』と歌詞が続く。そういう経験があって、物事を何度も後回しにしたことがあるからこその歌詞ですよね。何か決断したら、今やらないといけない。そのためには自信を持つことが重要。『自信なくたって あるフリして』という歌詞も、自分に自信を持って生きれば、何とかなるかもしれない。人間は、自分で自分を信じてあげることが大切だから」

「常に何があっても『まだいける』と考える」(ISSA)

──自信を失ったことが何度もあるからこそ、そう思えるようになりますよね。先ほどISSAさんから「地道に培ってきたものと、今それぞれが持っている自信」についてお話がありましたけど、みなさんも自信を失った時期、臆病になった経験はどういうものがありましたか。

DAICHI「17歳か18歳のとき、ヘルニアをやってしまって、そこで挫折してダンスを一度辞めたんです。幼少の頃から当たり前のようにやってきたことが自分の人生からなくなるのは、絶望的でしたね。でも、DA PUMPに入れるかもしれないという機会をいただいて、時間をかけてリハビリをして何とか動けるようになった。もしDA PUMPに出会っていなかったら、『もう一度踊ろう』とは考えなかったはず。今振りかえると感慨深いものがあります」

TOMO「自分は21か22歳の頃、初めてアメリカに行ったときですね。『そこそこは踊れる』と自信を持っていた時期なんですけど、LAには上手いヤツらがゴロゴロいた。「俺、全然ダメじゃん。こんな世界があったんだ」と衝撃を食らって、さすがに挫折感がありました。でもダンスが好きなので、『自分もちゃんと次のステージにいかなきゃ』と余計にダンスにのめり込むことができました」

U−YEAH「僕は、自信そのものが元々ないんです。だから、それを埋めていく作業の方が多い。ステージに何度立っても普通に緊張するし、いつも『どうしよう、どうしよう』と思っている。だからこそ、そのためにちゃんと準備をするようにしています」

YORI「ちょっと待って。MVであんな笑顔を見せておいて自信がないとか言わないでよ(笑)」

U−YEAH「いやいやいや! あれは振付師の方に『U−YEAHさん、ニヤニヤしながら踊ってください』と言われて、中途半端なものを見せたら失礼だからあそこまでやったんだよ! 『これなら人に出せるニヤニヤだな』というものを提示した。それこそ自分に自信がないからこそ、やるんだったら徹底的にやりたいんですよね」

YORI「僕は大阪から東京に出たときですね。特に何かアテがあって上京したのではなく、ダンスをやると決めていたわけでもなかったんです。だから、東京に来たものの『どうしよう、何もないな』と毎日不安を抱えたまま生活をしていました。結果的に、一緒にダンスをしていた仲間に引っ張りあげてもらい、ダンスを続けることになった。それがDA PUMPとしての今の自分につながっています」

KIMI「僕は2010年、DA PUMPの過去の曲をリアレンジした『if…arekarabokura』のレコーディングをしたとき。m.c.A.Tさんが付きっ切りでやってくれたんですけど、『ハートってこんなに折れるんだ』というくらい折れました。A.Tさんがものすごく厳しくて、『もう歌いたくない』となりましたから・・・」

ISSA「おお、懐かしい。でも、あそこで打ち砕かれたのが良かったんです。それがないと、上がっていける材料もないから。悔しさがないと伸びないんで。横で見ながら『おー、師匠。がんがん言っているなあ』と思っていた」

──どういう厳しいことを言われたのか覚えていますか?

KIMI「いやぁ、A.Tさんのイメージが崩れちゃうので言いません(苦笑)。一生懸命やって、すべて打ち砕かれることが2週間くらい続いたので、あのときはレコーディングスタジオに行くのが本当に嫌で仕方がなかった」

──そんなことがあったんですね。

KENZO「僕はダンスの世界大会に出たとき、決勝でいつも通りにできれば結果がちゃんとついてくるはずだった。でもステージに立つと、お客さんが何万人もいて、歓声もすごくて、音楽が冷静に聞こえなくなり手足が震え始めた。しっかり練習して、自信もあったのに『何でこんな風になるんだろう』って。そういう状況にまんまと飲み込まれた自分を『情けない』と思いました」

──なるほど。

KENZO「それから、身体や精神のことを勉強して。緊張や不安について突き詰めて考えるようになりました。気持ちだけで物事に向かっていても、いつか砕かれるときがある。100パーセントの力を出すためにはどうしたらいいか、あのときをきっかけに考えるようになりました」

──最後にISSAさんは、自信をなくした経験についていかがですか。

ISSA「自信をなくした瞬間は今までないんですけど、ただ常に何があっても『いや、まだいける』と考えてやっています。毎ライブ後、そう思っています。『まだいけるのに、こんなもんじゃないぞ俺は』って。ライブ後にシャワーを浴びているとき、フラストレーションを込めながら歌っていますから」

KENZO「あ、だからシャワーのときいつも何か言っているんだ!」

YORI「確かにシャワーを浴びているとき、なんか叫んでいるよね。ライブで2時間歌い終わった後なのに、めちゃめちゃ声が出てる(笑)」

ISSA「うん、まだいけるっていう気持ちだから。そこで汗と一緒に悔しい気持ちも全部洗い流して、リセットする。で、酒を飲む(笑)」

KIMI「声がめちゃめちゃ大きいこともあるけど、それってライブ中、あまり気持ちが乗らなかったときなの?」

ISSA「いや、お客さんの前に立つわけだから、気持ちはいつも乗っている。でも、ちょっとしたミスがあったりするのが単純に悔しい。自分にしか気づかないミスだったり、明らかに歌詞を間違えてしまったときだったり。理想とする自分像に追いついていないんです。だからいつも『俺はまだいける』となる」

YORI「確かに、ISSAくんは基本的なアベレージが人一倍高いよね」

DAICHI「そうそう。やっぱり・・・」

──お、DAICHIさんもISSAさんについて思うところがありますか。

DAICHI「あ、あの、ISSAくんは最高水準なんですよね」

ISSA「ちょっと待って、DAICHI。YORIが言ったことを何でわざわざ言い直した(笑)。インタビュアーさんに話を振ってもらって、同じことを言っているだけじゃん!」

──ハハハ(笑)。いや、でもあらためてDA PUMPの今の雰囲気の良さや、先ほどもお話があった「グルーヴ感やテンションの一致」をこの取材で感じることができました。今作も話題になることを期待しています。

全員「ありがとうございます!」