昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第25回(5月1日放送)では、いよいよ豊橋での演奏会が本番を迎える。

裕一のもとに父・三郎から電報が届く。その内容に裕一や音(二階堂ふみ)らは、無事に三郎が福島の家族を説得できたのだと安堵する。

そして、いよいよ迎えた豊橋での演奏会当日。これまで準備を進めてきた2人は、緊張しながらもホールに訪れた人々の前でそれぞれの音楽を披露する。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。