新型コロナウイルスの影響で、開幕戦を最後に長い中断期間に入っているJリーグ。そんななか、関西Jリーグ4チームの選手によるサッカーゲーム『eFootball ウイニングイレブン2020』での対戦が2日、開催された。

関西Jリーグ4チームの選手1名ずつが出場し、総当たりのリーグ戦をおこなう同大会。第1節の開幕戦では、ガンバ大阪VSセレッソ大阪の大阪ダービーが実現し、福田湧矢(G大阪)と柿谷曜一朗(C大阪)が自宅からリモート参戦した。

試合前のインタビューで「けっこう自信あります」と答えた柿谷だったが、実際のチーム同様の素早いパス回しで翻弄する福田の前になすすべなく5ー0の大敗。

「これはセレッソのサポーターに怒られますね」と自嘲するも、試合後のリモート会見では「eスポーツもそうですし、こんな状況だからこそJリーグができることがたくさんあると思います。選手一人ひとりができることをやっていきたい」と真剣に語った。

この模様は6月11日および18日・深夜1時59分から、MBSテレビ『YUBIWAZA』にて放送される。

今後、第2節は5月9日、第3節は5月16日で、全3節のリーグ戦で実施する予定。この模様はMBS動画イズム、スポーツナビ、YouTube、ツイッター、グノシーで無料生配信される。

取材・文/上地智