愛らしい動物たちをさまざまなコーナーで紹介するバラエティ番組『もふもふモフモフ』(NHK総合)。5月6日放送回では俳優の松下洸平、なにわ男子・大西流星がゲスト出演し、それぞれ看板犬・猫として愛される動物たちに会いに行く。

モフモフした動物たちの暮らしを、視聴者からの投稿やドキュメンタリーで伝える同番組。今回は「超絶アイドル編」と題し、日本各地でアイドル的存在として人気の動物たちが集結する。

ゲストの松下洸平は、得意なイラストで出会った動物たちを描く「お絵かきする人」として登場。まず松下が出会ったのは、お客さんに「おつりを運ぶ」特技をもつ看板ワンコ。その利口さと愛らしさに癒やされる松下だが、次に出会った看板ニャンコには連続16発の猫パンチをくらうハプニングが起こってしまう。

一方で大西流星が訪れたのは、大分県の「別府温泉」。自身も猫を飼っているという大西は、最初に訪れた旅館で出会った看板ニャンコに「耳モミモミ」を披露する。さらに別の旅館では看板ニャンコのある行動に悶絶し、猫まみれなひとときに癒やされる。

このほか番組では、将棋棋士・加藤一二三が猫と戯れるコーナーや、「世界でもっとも旅をしている猫」として一躍有名になった猫たちを紹介。放送は5月6日・朝8時15分から。

文/たなかゆうこ