昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第29回(5月7日放送)では、裕一を音楽の道へ戻すために音が奔走する。

英国への留学が取り消しとなり、心を閉ざしてしまった裕一(窪田正孝)。そんな裕一が再び音楽の道に戻る手立てを探すため、音(二階堂ふみ)はレコード会社を回って売り込みを続けていた。

ある日、音は姉の吟(松井玲奈)のお見合い相手・鏑木(奥野瑛太)の紹介で、以前訪ねたことのある「コロンブスレコード」を再び訪れることになる。

前回はすぐに断られた音だったが、再訪を知った社員の廿日市誉(古田新太)が音のもとへ駆け寄ってくる。そして音は廿日市から驚くべき話を持ちかけられる。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。