新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断中の関西Jリーグ4チームが、サッカーゲーム『eFootball ウイニングイレブン2020』でリモート対戦するリーグ戦を開催。Liveでの配信が90万再生を超えた先週の開幕節に続き、9日に第2節がおこなわれた。

今回自宅からリモート参戦したのはガンバ大阪・渡邉千真とヴィッセル神戸・小川慶治朗の両選手。CFに据えた渡邉が2得点で気を吐いたガンバに対し、相手のミスを効果的に突くヴィッセル。「出場が決まってから毎日練習していた」という渡邉と、「スマホで対戦すると昨日聞くまでずっとプレステで練習していた」という小川の対戦は、2−2のドロー決着となった。

試合後には、自身のキャラクターの使用感を「シュート部分は自分らしかった」という渡邉に対し、「もう少しドリブルが上手いかと思ったけど…」と少々不満気な小川だったが、「もっと長い時間使わないといけない」と自身のプレースタイル同様に前向きに話した。

この模様は6月11日および18日・深夜1時59分から、MBSテレビ『YUBIWAZA』にて放送。最終節となる第3節は5月16日に開催。その模様はMBS動画イズム、スポーツナビ、YouTube、ツイッター、グノシーで無料生配信される。