新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため舞台上演が自粛される一方、過去作品の特別配信やトークライブなど、自宅で楽しめるコンテンツが増加している演劇事情。京都の劇団・ヨーロッパ企画も、YouTubeLive『ヨーロッパ企画の生配信』のシーズン2を、5月11日にスタートする。

4月20日〜5月6日の間に、劇団員同士のゆるいトークや恋愛ゲームの攻略など計10回の配信をおこなった同チャンネル。「まだまだ自宅にいるほうが良さそうなので、この生配信も続けることにしました」(劇団代表・上田誠/公式サイト挨拶文より)と、早々に第2弾に踏み切った。

「前よりもバラエティに富んだプログラムを」との意気込み通り、今回は各界から豪華なゲストを招へい。なかでも、ヨーロッパ企画と縁の深い俳優・ムロツヨシと、メディアアーティスト・真鍋大度(ライゾマティクス)と上田が組んだユニット「非同期テック部」の3人がそろう回(13日)は注目。

5日に行われたインスタグラムライブ『ムロツヨシショー』で、さまざまなテクノロジーを駆使したSF作品を配信して大反響を巻き起こしたユニットだけに、その今後を知る上でも必見だ。

そのほか、漫才コンビ・チョコレートプラネットが工作を披露したり(18日)、新作『四畳半タイムマシンブルース』連載を始めたばかりの小説家・森見登美彦(19日)と同作原案者の上田が語り合う回など、多彩なゲストが登場。一方で、ヨーロッパ企画らしいマニアックなプログラムも用意されている。

同配信は5月11日〜14日、5月18日〜21日、5月25日〜28日の計12回で、YouTube内の「ヨーロッパ企画 公式チャンネル」で22時〜22時半頃まで生配信予定。なおシーズン1を含めた過去の配信も、同チャンネル内で視聴できる。

文/吉永美和子