数々の映画メディアで活躍し、本サイトLmaga.jpの映画ブレーンでもある評論家・ミルクマン斉藤。映画の枠に収まらず多方面に広く精通する彼は、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)も注意深くチェックするという。この春スタートした『エール』について、第8週(5月18日〜22日放送)を観て思うところを訊いた。

第8週「紺碧の空」

古山家にズカズカ踏みこんできたいかつい男たちは、早稲田大学の応援部団員であった。どういうわけか裕一は、すでに新しい早稲田の応援歌を作曲することになっていて、団長の田中(三浦貴大)はじめ全員が挨拶にやってきたのだ。この遠因は佐藤久志(≒伊藤久男)の従弟が応援団の幹部だったからなのだが、これは史実でもある。

当時、大学生だけでなく民衆の人気を集めていたその頂点が『早慶戦』だった。朝ドラ『わろてんか』でも描かれたエンタツ・アチャコの名作漫才「早慶戦」が生まれたのもまさにこの時代である。

ライバル慶応義塾大学の応援歌が『若き血』(堀内敬三・作詞作曲。あの『蒲田行進曲』の作詞者でもある)になってから早稲田は連敗続きで、その悪しきジンクスを打破するためにも新しい応援歌が必要だった。

そこで文学部教授・西条八十(彼も後年、古関裕而の人生に大きく関わるが、実名で登場したところをみるとドラマには出てこないかも)の選考の下、選ばれた歌詞が『紺碧の空』なのだった。

ま、裕一(≒古関)が作曲するに至った経緯はフィクションだが、この頃まだ1曲のヒットも出せていない彼は、その応援歌さえも書けずに苦悩する。盟友の木枯(≒古賀政男)はその流行歌作家としての才能が開花して、山藤太郎(≒藤山一郎)とのコンビになる『酒は涙か溜息か』が大ヒット、続く『丘を越えて』をまさに録音中だ。

ここで初登場となる山藤も、後の裕一にとって欠くべからざる人物になるはず。演じるはまたしてもミュージカル界のスター・柿澤勇人である。

「他人の助言によってもたらされた気づき」

この週は『紺碧の空』を書きあげ、最初の世評的成功を得るまでの裕一の苦難を描く物語だ。クラシック音楽に拘り、後ろ髪を引かれ、どうしても流行歌=大衆音楽に溶け込めない裕一が、ひとつの「気づき」を得るまでが高い熱量で描かれていく。その「気づき」はほぼ他人の助言によってもたらされるのだ。

コロンブスレコードのレコーディング・エンジニア(桜木健一)は、「君みたいな人、いっぱい見てきたよ。己に拘って才能を活かせない人」。

喫茶「バンブー」の店長(野間口徹)は、「曲が書けないのは自分の音楽を作ろうとしてるからじゃないかな。僕が珈琲を作るときに考えるのはお客さんの顔なワケ」。

妻の音からは廿日市の言葉として、「西洋音楽に引っ張られすぎて鼻につく。小賢しい知識をひけらかして曲を台無しにしている」。

どれも辛辣な言葉である。音に「何か変えんと」と言われても「(自分の音楽を)変えたら意味ないよ」と突っぱねる。果てには『紺碧の空』や流行歌の作曲をほっぽり出して、いわゆるクラシック音楽である管弦楽曲『反逆の詩』を書き上げ、心の師・小山田に提出するのだ。

僕はこういうのが書きたい、これなら書ける、ここまで書ける、というふうに。しかし小山田はスコアを一瞥し、「で?」の一言のみ。裕一の鼻っ柱は木端微塵にされるのだ。

ちなみに古関の作に関東大震災に想を得た『大地の反逆』というのがあり、この頃に国民交響管弦楽団によって披露演奏されているのは確かである。クラシック系の曲で楽譜が現存する数少ないものというが、僕は聴いたことがない。

しかし! Twitterの「古関裕而 コロムビアレコード【公式】」によると、第37回の最後、まさに小山田にスコアを見せるシーンで流れた曲がそれだというのだ。全曲リリースしていただけないものか。

「現状打破できず悩む若者へのエールの物語」

小山田(≒山田耕筰)も、ドラマでの「やさしさを見せない、畏怖すべき存在」といったものとは違っていて、裕而との関係性も終始良好だったとみえる。おそらく「自らの意思で入社させた裕一への獅子の子落とし的指導であった」という展開になりそうな気がするが・・・。懸念は志村けんさんが存命中、どこまで撮り終えていたかだ・・・とまあ、これは勝手な予想。

それはともかく小山田の、無視にも等しい反応に裕一は絶望する。よけいに書けなくなる。そんな裕一の作品を、団員からの忠言も聞かずにひたすら待つ田中。いつになく開き直ったようにぶっ切れた、体育会系の暑苦しい演技が笑わせる三浦貴大だが、次第に内省的になっていく。そこまで自分が新応援歌に拘るのは何故なのか。「何か判らんけど、応援てわしらの自己満足やなかろうか」とまで自問自答する始末。

田中は田中で「応援する自分」を見つめ直し、その原点である体験に「気づく」のだ。それは九州の片田舎でバッテリーを組んでいた親友に怪我を負わせてしまい、野球の道を断ってしまった話。その親友は病院で、ラジオの野球中継を聴いて自らを鼓舞していたという。そんな友のためにも「選手が頑張れるように応援することしかない」と涙ながらに裕一に話すのだ。

田中の話が、裕一の「凝り固まった頭を吹っ飛ばす(音の言葉)」。音楽が降りてきて徹夜で曲を書き上げる裕一。和洋折衷の仕事部屋に碧い朝日が差してきたころ、裕一は寝込む田中を起こして楽譜を見せる。・・・しかしタイトルが『紺碧の空』ではなく『紺壁の空』。ホンマ吉田照幸はオチつけんと気が済まんのやなあ(褒め言葉)。

実際にもこの曲は、披露発表会の3日前にやっと完成したのだという。その理由は定かでないが、「僕は自分の力を示すことに固執してた。そんなひとりよがりの音楽、伝わるわけない。今できることを頑張ってやってみるから!」と一歩前へ踏み出す裕一の姿が、現状打破できず悩む多くの若者たちへのひとつのエールの物語として成立していたのは間違いない。もちろん窪田正孝の繊細にして、ときにデモーニッシュ(編集注:鬼神に憑かれたよう)な演技に拠るところは大きいが。

あ、ライバル慶応の応援団長・御園生新之助として登場する橋本淳は、朝ドラでは『ちりとてちん』に出ていたけれど、近年は舞台を中心に大活躍。映画では昨年公開された傑作『月極オトコトモダチ』でちょっとない存在感を見せつけた俳優である。

今も早稲田の第一応援歌である『紺碧の空』は、古関裕而を真の歌謡曲作家に成らしめた「軍歌」のジャンルへの適応性を示すことにもなるのだが・・・。果たして戦時期の彼はどれくらい描かれるのであろうか。コロナ禍のせいでスケジュールが狂ったこともありいささか心配である。

【今週出てきた曲】
●古賀政男『丘を越えて』(木枯が山藤とスタジオでレコーディングしている曲)
●ベッリーニ/『3つのアリエッタ』より『優雅な月よ』(女子学生にキャーキャー言われる中、佐藤久志がピアノ弾き語りする曲。この選曲は渋い)
●古関裕而『大地の反逆』(裕一が『反逆の詩』のスコアを小山田に見せるシーンで)
●プッチーニ/歌劇『ジャンニ・スキッキ』より『私のお父さん』(日曜の音楽学校で双浦環が歌っていた曲)
●古関裕而『紺碧の空』

文/ミルクマン斉藤