元モーニング娘。の工藤遥が初主演を務める、7月3日公開の映画『のぼる小寺さん』。作者・珈琲による同名の漫画原作で、ひたむきにボルダリングに挑み続ける小寺さんと、それを周囲から見つめて影響を受ける同級生たちを、伊藤健太郎、鈴木仁、吉川愛、小野花梨ら注目の俳優が演じる。

青春時代ならではのきらめきと人間模様を『ロボコン』『奈緒子』などの作品で描いてきた古厩(ふるまや)智之監督ならではの作品に。女優・工藤遥としての魅力を引き出した監督本人から、作品に込めた思いや出演者について訊いた。

取材・文/ミルクマン斉藤

「工藤さんは『それはどうでもいいかな』って吹っ切れるタイプ」

──久しぶりに古厩監督らしい青春映画ですね。クラブものというか、スポーツものというか、『奈緒子』や『武士道シックスティーン』あるいは『ロボコン』などに繋がるような。なぜ、この原作に?

面白い漫画があるから、と言われて読んだらとてもよくって。小寺たちがただゲームするだけの話とか、友だちの家に行くだけの話とかがあって、日常というか、日々が描かれていて、すごくやりたいと思いましたね。

──でも映画は日常のスケッチというより、クライマーという目的に向かって邁進する小寺さんの周囲に、未来の見えない人々が自然と集ってくるお話に集約され、コンパクトだけれど方向性のはっきりした物語に。小寺さんという太陽を周回する惑星のような。その中心となる工藤遥さんの佇まいが素晴らしいですね。

「この人しかいない」と田中(亮祐)プロデューサーがある日、高らかに宣言いたしまして、そこから工藤さんに決まりましたね。

──監督は女優をワンランクアップさせるのがとても上手いと思っているのですけれど。

アップするとみんな僕のところから去って行っちゃうんですけれど(笑)。

──自負はおありになるんでしょ?

う〜ん。でもたまたま面白い子に当たってるなと言うのはありますよ。『ロボコン』の長澤まさみさんも『奈緒子』の上野樹里さんもめちゃめちゃ面白かったし。

──ですよね。ちなみに今回の工藤さん演じる小寺さんというキャラクターはかなりの天然さんじゃないですか。みんなからひたすら『見られる』存在なのに、彼女自身はまったく意識していない。

それって本当はすごく難しくて。あれを演技でわざとやってるように見えたら台無しになってしまうので、どうしようかなぁと。でも、工藤さん、元々モーニング娘。で、歌ったり踊ったりということを一心に出来る子だったんですね。

ぐーっと集中してやってるときはこっちのことは気にならないっていうところがあって、「あ、これで小寺さんをやればいいのかな」ってあるとき思ったんですね。

──もともと工藤さんには小寺さん的な天然ぽさがあったんですか?

う〜ん、そうですね。僕は小寺さんみたいにボーッと話す子かと思っていたんですけど、この間久々に会ったらシャキシャキしゃべってて。本当はこうなんですよ〜って。やはり、元ハロー!プロジェクトのモーニング娘。らしさがあるんですね。

若いから自意識過剰な面や、周りのことを気にするところもあるだろうと思うのですが、工藤さんは途中で「それはどうでもいいかな」って吹っ切れるタイプのような気がしますね。「もういいや。やろ!」ってなるタイプで、そこがよかったような気がします。

──じゃあ、あのいかにもネイティヴなものに見える天然さは演技なんですね。

そうなんですよね。演技なんですよ、一応。

──そんななか、小寺さんを見つめ続ける近藤(伊藤健太郎)と長ーい時間見つめ合うシーンが、この映画には2回あり、あのときの表情がたまらないんですよね。あの長い時間を工藤さんの顔だけで保たせるという。

シーンとして保たないよ、と言われて編集さんとそこで喧嘩しました、僕。小寺さんは人間ではなくて渦の中心みたいなもので、それが周りの人をぐるぐる巻き込んでいくんですけど、ラストは渦の中心も人間にしたいなと。だからこそ、このところはみっちり撮りたかったんです。だから保つだろうと思ったんですけど、誰も信じてくれなかった(笑)。

──でも、みんな信じますよ、あれを見たら。近藤の背にもたせかけるのも小寺さんの意思ですもんね。

ああいうことを体験出来なくなって何十年も経ちますけどね。ああいうことやりたいなぁ、また(笑)。

──間接キスありでね(笑)。近藤の恋心なんてのは『この窓は君のもの』(1995年の古厩監督長編デビュー作)などを思わせるところがあるじゃないですか。

そうすね、ありますね。今までいろんな作品も撮りましたが、好きなものを隠すのはやめようと思って。

──ここ2、3本はちょっと違う傾向の映画を撮ってられましたもんね。やっぱりこういうのが似合うなぁと思うんですけど。

そうすね、めちゃめちゃ合ってると思います(笑)。

「女の子たちは道を見つけ、男の子たちはただ恋愛にうつつを抜かす」

──そんな古厩流青春映画の本質を表しているのが、ボルダリング大会ですね。小寺さんの頑張りを観戦している4人が「分からないけどなんか泣けてくるじゃない」って言うくだり。あれが小寺さんの引力に引っ張られてる彼らの心情を端的に示している。とりわけ近藤にとっては、一介の傍観者に過ぎなかった彼が恋情も含めて小寺さんに「自分のことを見てくれ」と告白するまでの物語、という風にも捉えることができると思うんです。

はい。その通りです。だいたい青春漫画では「俺がお前を甲子園に連れて行ってやるから、お前は俺について来いよ」ってふうに、男が何かを成し遂げて女の子がそれについて行くんですけど、今回は全部逆でいいや、と。女の子たちはぐんぐん道を見つけていく、男の子たちはただ恋愛にうつつを抜かすんですよ。

なんか今っぽいし、それでいいんじゃないの? と思って。だから近藤と四条(鈴木仁)は、はじめから恋愛の話しかしないんです、『タッチ』とかと逆で。今おっしゃっていただいたのはすごく嬉しくて、近藤は小寺を見ている存在でしかないので、そこにキャッチボールは成り立ってないんですよね。

で、「キャッチボールしたいな、小寺さんボール投げてよ」と初めて近藤が言うところで、そのあとの小寺さんがわ〜っと揺れた顔をするんですけど、あれが撮りたくてこの映画を撮ったようなものなんですよね。それは上手くいったかなぁと思っています。

──なるほど。でも監督って、登場人物のあるシーンの顔が撮りたい、とかというのがどの映画でもあるタイプじゃないですか?

う〜ん、そうかもしれないですね。出演者が自分で作る場合もあるんです。『奈緒子』には、上野樹里さんが三浦春馬さんに水を渡そうとしたら春馬さんが水を落とすところを、ハイスピードカメラで撮るというシーンがあるんです。口では説明してなかったのですが、樹里さんは明らかに「ここは私の決めどころだな」と分かっていた。そこをガッと決めてくるっていう、そういう風に出演者が作る場合もあるんです。樹里さんは天才だからな、ちょっと。

──同じく今回の工藤さんにもやはり天性の才能を感じてしまいます。それとはちょっと別なんですけど、ボルダリングシーンのすごさですね。明らかに本人であると分かるように撮られている。あれはだいぶ練習なさったんですか?

結構しましたね。僕もある程度やれるようにならないと、と思って彼女と同じ日に練習を初めて。でも僕は、「無理だわ、出来ない」って4日で離脱しました。それに俺の仕事はこれじゃないなって(笑)。でも彼女はずっとやり続けて、たぶん県大会とかに出たらある程度狙えるくらいの感じにまでなっていましたね。あのスイスイ登るのが、八割吹き替えです、ってことになったらちょっと困っていたでしょうね。

──終始のぼっている顔がバッチリ写っているんですが、吹き替えシーンってあるんですか?

1カットだけ使ってるんですよ。あとは全部彼女ですね。

「鈴木仁さんは、しゃべらなくても何を考えてるか分かる」

──そのほかの小寺さん渦に巻き込まれる若手俳優さんもそれぞれ個性的でいいですよね。

小寺さんをカメラで撮り続けるありか役の小野花梨さんは子役からで、ものすごい作品数出てるんですよ。俺よりベテランじゃんって(笑)。ここ2年くらいは子役を脱して俳優として認められてきていて、彼女は嗅覚が良いからなのか、良い邦画に出てるんですよね。『宮本から君へ』の蒼井優さんの妹とか。出てると本物っぽいんですよ。「うわぁ〜、いるわこういう女の子」っていう。その実在感がすごい。

梨乃役の吉川愛さんは、休んでいる期間があったんですが同じく子役からです。美人だし、ものすごく華があって、フッといるとみんながバッと見るんですよ。普段はフニャフニャとしている感じなんですが。この間久々に会って、試写の時に「カントク、コンニチィワァ〜」って言われて、「誰だ?」と2秒くらい分からなかったです(笑)。

──映画の中では凜としてますもんね。

そうなんです。でも実際は全然そういうのじゃないんですよ。で、四条役の鈴木仁くんは、僕はすごく面白かった。あんまりしゃべらない役だったけど、クッと見る目で何を考えてるかすごく分かる。犬がうれしいときはしっぽ振っているみたいな、言葉を発しなくても何を考えてるかのか分かるエモーショナルな俳優さんで、僕は大好きですね。

──いきなり近藤に抱きつくところなんかはちょっと驚きました。いろんな意味で(笑)。

そうそう、僕はああいう風に抱きつくとは思ってなかったんですよ。もうちょっとスッとやるかと思っていたら、「お前はイエスか!」って。あれは良かったですね。

──あはは、何事かと思いましたね。先輩役もなかなか面白くて、田中偉登さんは最近ドラマや映画によく出ていて顔なじみもあるんですけど、ありかに惚れられる両角周さんが実に個性的な顔で存在感があってめっけもんだな、と。

彼はもともと僕がやってるワークショップに来ていたんです。ヒドいやつでね、「最近何か面白いことある?」って訊いたら、「携帯を逆パカしました。」って。意味を聞いたら「腹が立って携帯を逆に折ったんですよ」みたいなことを言っちゃう(笑)。面白いから「劇団東京乾電池」に行った方がいいよ、って入れたんです。

──え、本当に!?

ええ、柄本明さんのところに入れたんですよ。

──あはは! まぁ柄本さんタイプの顔と言えばそうですけど。確かに「劇団東京乾電池」にいても確かにおかしくない(笑)。

乾電池か、大人計画でしょ? 何とも言えない佇まいですよね。面白いです。

──そんなキャラクターたちがそれぞれ際立ってるのは、吉田玲子さんの脚本にも依ると思うんです。監督との親和性がとんでもなく高いと感じました。もちろんコンビを組まれるのは初めてですよね。

初めてです。

──僕はアニメーションも観るのですが、吉田さんの実写映画というのはそんなに多くないですよね。

吉田さんは、作品にピッタリでしたね。僕も『聲の形』とか『けいおん』は見てましたが、どうでもいいような普段の言葉をしゃべるところが、なんか活き活きとしてますよね。そこでフッと持って行かれる。

例えば四条がわ〜っと掴みかかったりするところとか、ありかが「私、先輩好きだと思う」とつぶやくところとかは原作にはないんですよ。でも、それをヒュッって考えてくるところはさすがだねぇと思います。

──やっぱり京都アニメーションのような自然主義的な作風が似合うというか、言葉ひとつでその人物が動き出すというか、キャラクターひとりひとりに生命力を宿らせるところに親和性を感じるのかな。

そうですね。女子のわちゃわちゃがいいんです。これが幸せ、永遠に終わらなければ、な感じですね。

──そして今回は、音楽もとても印象的だったんですよ。上田禎さんとは何作か組んでいらっしゃいますが、今回はピアノ一本がほとんどで、それでいて大会のシーンもきっちり盛り上げる。それは、どういうところから?

上田さんが音数少なくてもいいかな、って言ってたんですよね。『武士道シックスティーン』もピアノだけでやってもらったんですよね。

──あ、そうでしたよね。古厩さんの映画にはそうした端正さが似合う気がします。

予算が少ないというのもあるんですけど、上田さんってかなりアーティストで、何をやってもちょっとヨーロッパみたいになるんですよ。そこが僕にすごく合ってるんですよ。上田さんの世界観というのはピアノだけでも全然大丈夫だし、その方がより先鋭的に出るんですね。

──あ、その、予算がないんで、っていう話・・・。

言ってません、言ってません(笑)。

──その予算に通じる話なのですが全編、栃木県足利でのロケですかね?

足利以外は群馬の岩場ですね。でも全体にロケーションです。セットも使ってない。

──あのボルダリングも元々あったんですか? いや、正直あまり予算かかってないなと思ったんですよね(笑)。それは映画の出来とは全く関係のないことなので。それでこれだけの素晴らしい作品ができるんだと。

ボルダリングの壁はその学校に作りました。あれ作るの結構かかるんですよ。まぁ、あそこだけっていう話もあるんですけど(笑)。