「みるく饅頭月化粧」を販売する「青木松風庵」(大阪府阪南市)が、7月15日に新施設「月化粧ファクトリー」を開業。そのプレス発表会に、CMでイメージキャラクターを務める大平サブローが登壇した。

「みる〜くまんじゅう、つきげしょう」のキャッチーなメロディーで、満月をかたどった被り物をかぶった太平サブローが出演するCMは、これまでに5本作成。「月化粧」=「サブローさん」と関西方面では認知され、発売初年度47万個だったが、CM放送後は340万個、2019年度は1400万個を売り上げた。

会見では、同社の青木啓一会長との出会いも語られ、「僕は昔から和菓子が大好きで、『粒餡大好きサブちゃん』とキャッチコピーがついた時期も。偶然、ゴルフ場で現会長とお会いし、お菓子をお送りいただいたことがご縁の始まりです」と、今や家族ぐるみのつきあいなのだそう。

そんななかでの、CM出演オファーとあって快諾。「お月さんが化粧したら、みるく饅頭月化粧」と、美しくメイクされた際に、「その姿は母親そっくりで。え、母親と共演しているの?と自分でもびっくりしました」と裏話を明かした。

工場見学もでき、商品を販売する「月化粧ファクトリー」では、被り物をかぶったサブロー氏と写真が撮れる顔ハメパネルも。工場見学は予約不要で随時無料で10時〜16時半受付。南海本線尾崎駅から徒歩約15分。

取材・文・写真/杉田裕路子