6月8日から「中咽頭(ちゅういんとう)がん」の放射線治療のため入院していたお笑いコンビ・ペナルティのワッキー(本名:脇田寧人・48)が8月5日に退院。自身のツイッターアカウントで「本日 無事退院できました」と喜びの声を上げた。

4月上旬、首にしこりのようなものを感じ、病院で検査を繰り返した結果、中咽頭がん(ステージ1)が見つかったワッキー。外科手術はせずに、放射線化学療法で治療する方針とし、入院治療をおこなっていた。

退院の報告をしたワッキーは、「信じられないほど沢山の方々からの応援メッセージをいただき、それが治療の辛い時に僕の心の支えになりました。本当に本当にありがとうございました」と感謝を投稿。

それを読んだファンからは、「おめでとうございます」「待ってました!」「またみんなを笑わせてください」とお祝いのメッセージが寄せられた。

所属する吉本興業によると、「治療は順調に進み、退院できましたが、今後もしばらくは自宅療養し、体調を見極めながら復帰する予定です」とのこと。