放送中の連続テレビ小説『エール』(NHK)に出演し話題を集めた「藤堂先生」こと森山直太朗と、「プリンス久志」こと山崎育三郎が『SONGS』(NHK総合)に登場。10月31日の放送回で共演する。

主人公・古山裕一の小学校の担任で裕一の才能を見出した藤堂清晴を演じた森山と、裕一の幼なじみで自らプリンスと名乗る佐藤久志を演じた山崎。

久志もまた藤堂先生の後押しで歌手となり、福島三羽ガラスのひとりとして裕一や鉄男とともに名曲を生み出していく。

そんな間柄を演じた森山と山崎だが、実はドラマ撮影を通じて意気投合したという。

そんな2人が今回、ドラマ内でも印象的なおでん屋を舞台に、思い出の『エール』名シーンを振りかえりながら、知られざる撮影秘話を明かす。

番組では、『エール』を彩った名曲も披露。久志を歌手の夢へと導いた藤堂先生との思い出の曲、そして久志の人生を変えた1曲をメドレーで届ける。

さらに、ドラマのメイク室での会話をキッカケに森山が山崎のために書き下ろした『君に伝えたいこと』をテレビ初披露するほか、映画の主題歌としても話題の森山の新曲『落日』、名曲『さくら』の絶品コラボも。

この模様は、31日・夜11時からNHK総合にて。また再放送は、11月6日・深夜25時半より。