SixTONES(ストーンズ)の松村北斗と女優の森七菜がW主演を務める映画『ライアー×ライアー』の本予告とポスタービジュアルが30日に公開。また同映画の主題歌をSixTONESが担当することが発表された。

原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック(講談社「KCデザート」刊)。

今回公開された予告映像では、両親の再婚で義理の姉弟になった、松村演じる透と森演じる湊の険悪なムードから始まる。しかし、とある理由でJKのフリをした湊が透と遭遇し、姉と気づかず「JK・みな」に透が恋をしてしまい…。そんな、前代未聞の「2人なのに三角関係」という予測不能な恋が始まる瞬間が収められている。

また、さらなる波乱を予感させる、小関裕太演じる湊の初恋の人・烏丸や、先日解禁となった七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)演じる透の友人・桂も登場している。

主題歌は、SixTONESの4th『僕が僕じゃないみたいだ』に決定。予告映像にも使われており、本作のストーリーとリンクした歌詞にも要注目だという。

主題歌が自身のグループ曲に抜擢されたことについて、松村は「曲を通してこの作品とさらに深く関われることを本当にうれしく思います。ストーリーを踏襲した、心を切なく締め付ける強い想いを感じる曲に仕上がりました」とコメント。

続けて「この一曲により、作品もSixTONESも、今まで見たことのない顔を見ることができました。この作品に関わるスタッフさん、共演者の方々、ファンの皆さんに敬意を払い、精一杯努めさせていただきます」と意気込みを語った。映画は2021年2月19日に公開される。