7月1日から一斉に始まったレジ袋の有料化。大手流通のイオンでは、吉本興業とコラボしたマイバッグキャンペーンを実施し、14日からジミー大西画伯のデザイン柄で作られたマイバッグを販売する。

今回は、プラスチック製レジ袋の削減と、資源を使い捨てにしないライフスタイルに向けたメッセージを発信する同社の取り組みの一環。グローバルに活動する画家・ジミー大西が、「目立つバッグ」をテーマに新作『朝の光』を描き下ろした。

廃プラスチックの活用のため、バッグの一部にリサイクルプラスチックを約50%使用。売上の10%はイオン環境財団に寄付され、植樹をはじめ豊かな地球環境を守る活動に役立てられるという。

サイズは、縦39センチ×横45センチ×マチ20センチ。全国の「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」などで販売され、1枚330円(11万5千枚限定)